フォト

このブログを検索!

音楽ショップ

  • HMV検索
    検索する

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

オーディオボード 集中レビュー kripton AB-HR5 編

 間があいてしまいましたが、オーディオボード集中レビューの続きです。これは、ネオフェードというポリマー系の制震材をカーボンでサンドイッチした"〈ネオフェード〉カーボンマトリックス"が特徴のKRIPTONのボード。お店のご厚意でボード導入にあたり、貸し出し頂いた中の一枚です。じっくり試せましたので、レビューしておきますね。

 

Kripton_ab_hr5

  • メーカーHP:http://www.kripton.jp/fs/kripton/ab-hr5
  • サイズ:450(W)×400(D)×25(H)mm 重量:約4.0kg
  • コンコンと叩くと:コツコツとした感じで、少し重みのある音です。

 

【外観など】
 表面はカーボンなのでツルツルした感じですね。額縁部分はホワイトアッシュ材で、本体はMDFと"〈ネオフェード〉カーボンマトリックス"のようです。厚さはそれ程では無いのですが、4kgあるのでずっしりした感じです。

 

【サウンド インプレッション
 ボードとしては厚くないですが、思ったより雄大でスケール感がありますね。ただ、MDFベースで25mmという薄さかか低域の力感は落ちて最低域も浅い感じに。Palette Board +CuやSYMPOSIUM ULTRA PLATFORMあたりと比べると、キレや解像度も甘く、S/Nもや
や落ちる感じですね。ただ、明るさはニュートラルでやや音色はやや暖色気味で、柔らかく自然な質感なので好印象です。音は前に来る感じでは無いですが、空間は広がる感じでした。KatherineJenkins Ultimate Collectionはホールトーンがきれいに出て、空間は広く、ゆったり伸びやかでスケール感もあって、ボーカルも自然で気持ち良かったです。

 

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載 せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、 ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 他にも今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さいね。

オーディオボード 集中!レビュー Atomic Audio labs pro reference 19 編

 面白そうな構造のボードだなぁと思っていたら、デモ機処分が置いてあったので店員さんと相談。symposiumのボードかコレかどちらを購入するか決めるためなら…と貸し出ししてくれました(^^)/ 構造的には面白そうなボードで、オーディオアクセサリー銘機賞2013を受賞していますが、その実力やいかに!?

 

Atomicaudio3

 

  • メーカーHP:http://atomicaudiolabs.com/dev01/
  • サイズ:482.6 x 457.2mm  内寸(黒色部):418 x 380 mm
  • 重量:約10㎏
  • コンコンと叩くと:意外と締まった感じで、響きもきれいでした。

 

【外観など】
1inc(25.4mm)厚の特殊アクリル素材の内部にキャビティーを設けその中に制振金属粒子が充填されている構造で、見た目はオシャレな感じです。4隅(もしくは3点)にスパイク(たぶん同じアクリル素材)をねじ込んで使うようになっていました。アクリルって何となくイメージ良くなかったんですが、ボードを叩いた感じは意外と好印象でした。

 

【サウンド インプレッション
S/Nがいいですね。PaletteCuと比べてもSNは良く、低域の量感は増す感じでした。ただ、上下の伸びはもう少し欲しい感じ。解像度は悪くは無いのですが、音の分離や空間の広がりはもう少し欲しいところ。全体に上品というか大人しくなる印象です。音色はニュートラルでクリアな音質でした。自宅で試した時はイマイチな印象でしたが、どうもPC用を想定しているようなので、CDPとかPCで使うともっと良いかも。

 

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 

 悪い訳でな無いので好みにはまればアリだとは思いますが、定価は14万6千円(税込み)と高額で。。。ちょっと躊躇する金額かも。しかも、アイレックスが取り扱いを開始したオーディオボード…と思って調べたら、あまり売れなかったのかすでに取り扱い終了みたいです(^_^;) 

 

 他にも今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さ~い。

オーディオボード 集中!レビュー Acoustic Revive RST-38H 編

 オーディオアクセサリーでは有名で説明不要なアコリバです。今回試したRST-38H ボードは、水晶のさざれ石を使用したロングセラーですね。さざれ石の上に載るボードがヒッコリーになって、性能が向上したようです。手持ちの黒水晶とか以前に試したインコネなどの感じだと、アコリバはツボを押さえて製品を作っているなぁという印象です。ちなみにメーカーの貸し出し試聴サービスで試させて頂きました。感謝です。

 

Rst38h_2

(試聴時の写真見つからずメーカーHPからお借りしました)

  • メーカーHP:https://www.acoustic-revive.com/japanese/rst38/rst38_01.html
  • サイズ:482mm×382mm×約38mm 重量:5.9kg
  • コンコンと叩くと:意外と重厚感のある音で響きはスッと消える感じです。

【外観など】
 お弁当箱のような構造で、内部にさざれ水晶、上のボードはヒッコリーです。デモ品なので、けっこうキズが付いていましたが、塗りもシッカリした感じで厚く好印象。セッティングは、内部にみじん切りぐらいの大きさの水晶を引き詰めてならして平らに。ケース部分が接しないように気を付けて上にヒッコリーボードを載せます。水準器で確認しながら、3回ぐらいやり直し。もって手間取るかと思いましたが、あっさり水平になりました。

 

【サウンド インプレッション
 低域の量感や力感が増すタイプでは無いですが、WFB0190-3 やPalette+Cuと比べても最低域は少し深くなる印象。高域はきれいに伸びて抜けが良く上品な感じです。スピード感やキレも十分。立体感や情報量や解像度はPalette+cuと比べてトップクラス。左右の空間はPalette+cuと比べてやや狭くなるが、その分は音が前に来て躍動感がある感じに。音像の立体感もよく、ボーカルは魅力的。音色はニュートラルで、温度感も気持ち高めかな?ぐらいで、ほぼニュートラル。
 ロドリゴみたいに激しい曲は少し苦手で、少し処理しきれない感じが。。。ただ、ボードの下にオーディオスパイダーシートとか入れれば改善しそうな感じもしました。一方で、ゆったり目の曲とは相性が良くて、ボーカルが丁寧で全体に上品で上質な感じに。弦の響きも僅かに艶があってかなり気持ちいい感じに。特にlettersなどはピアノの響きも気持ちよく体に音がしみ入る感じで最高でした。

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載 せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、 ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 

 実売5万円前後だと思ってレビューしたんですが、楽天とYahooショッピングに3万7千円程度で販売しているショップがありました!今回色々と試した中では、性能的にトップクラスなので、この値段ならお買い得な気がします。全体に上品な感じになるので、女性ボーカルとかクラッシクにはぴったりかも。他にも今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さ~い。

オーディオボード 集中レビュー AIRBOW WFB0190-3 編

関西オーディオショップの雄?である逸品館。ジークレフ音響(Wellfloat)とコラボしたオリジナル商品。以前から逸品館は面白そうな商品を企画して作るので、 WFB0190も気になっていました。HPなどをみると、Kryna Palette+Cuと同じく上下のボードが浮いている構造で、これは間にWellfloat機構が組み込まれています。かなり期待できそうだったので、試聴サービスをお願いしました。

 

  • メーカーHP:http://ippinkan.jp/categories/audio/acc/audio-board/wellfloat-board
  • サイズ:490mm 440mm 58(+/- 2)mm 7.0kg
  • コンコンと叩くと:軽い音が強めに出る。

 

【外観】
お借りしたのは標準仕様。表面はツルツルした感じ。コンコン叩いた感じだと、上層のボードはイマイチかも。

 

【インプレッション】
アコリバやPalette+Cuと比べて最低域は浅くなる。一方で、高域は少し強くなり、サ行が目立つ印象。やや硬めの響きが載る。響きが多くS/Nは響きで落ち分離が悪化。情報量や解像度もやや落ちて、音数も少し減る様子。立体感やや落ちて平面的になり音像も少しぼけるが、そこそこ音は前に来る。音色はニュートラル。キレとスピード感はまずまずという感じ。どうもパッとしませんでしたが、Wellfloat Ringも試した感じだと、上層のボードと試した機器(足)の相性が悪かったようです(^^;)

 

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載 せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、 ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 

メーカーも弱点を把握していたのかボードの表面を特殊コーティングした新しいHDタイプが発売になっており、今からならHDタイプが良さそうです。フィンランドバーチのTADモデルは、ちょっと高価ですが今回のボードより期待できるかも。ただ、サイズもいくつか有るようなので購入時は注意して下さいね。他にも今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さ~い。

オーディオボード 集中レビュー SYMPOSIUM SVELTE SHELF 編

SYMPOSIUM(シンポジウム)のオーディオボード。厚さで数種類ありますが、一番薄いタイプです。日本ではオーディオユニオンの関連会社(パシフィックオーディオ)が扱っているためかメディアの露出とかイマイチな感じがありますが、定評のあるボードだと思います。これは数年前に購入して使っていたんですが、環境が変わってしまい込んでいたもの。久々に引っ張り出しました(^^;)

 

Symposium_slims

  • メーカーHP:http://www.pacificaudio.jp/maker_symposium.html
  • サイズ:482.6mm×355.6mm×16mm 重量:3.2kg
  • コンコンと叩くと:コツコツと澄んだ音で、あまり響かない。

 

 

【外観など】
中央の気泡ゴムをステンレス板でサンドイッチした構造です。見た目はシンプルでスッキリした印象で、厚さ16mmと薄めで使いやすいサイズ。この上に、SUPER PLUS PLATFORM(厚さ7cm)とULTRA PLATFORM(厚さ9cm)がありますが、SUPER PLUSとULTRAの価格差は少ないので新規で購入するならULTRA PLATFORMかSVELTE SHELF が良さそうです。

 

【サウンド インプレッション
気泡ゴムにステンレス板と聞くと、あんまり良い音しなさそうですよね?自分も初めてSYMPOSIUMのボード試したときは疑って使ったんですが、かなり良くて驚きました。改めて今回試してみても、薄くて軽いためかPalette+Cuほど最低域の沈み込みは無い感じですが、上下のレンジは十分。Palette+CuとSNはほぼ互角レベルで、解像度や情報量は勝るとも劣らない印象。Palette+Cuよりスピードやキレも良い感じです。空間もトップクラスで音もけっこう前にくる感じで好印象。音色は少しクリアでPalette+Cuよりややクールですが、温度感は保っています。高域も厳しすぎる様な感じはありませんでした。もちろん、Palette+Cuのように艶感を増すような感じはありませんが、高性能な割に不思議と無機質にならずお勧めなボードです。

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載 せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、 ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 

販売はオーディオユニオン限定という感じだと思うので、アクセサリー館に問い合わせという感じでしょうか。サイズも色々ありますが、定番以外は取り寄せに1-2ヶ月かかるかも。 電源&アクセサリー大全2014の特集でも解像度はトップクラスで効果が強力ってレポートされていました。東京近郊で無いと実物みたりが難しいのが残念ですが、お勧めなボードですね(^^)/ 

 

他にも今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さ~い。

オーディオボード 集中レビュー KRYNA Palette 編

インシュレーターなどで定評のあるクライナのオーディオボード。ボード内部にクライナお得意のインシュレーターが挿入され、振動特性改善のために表面を漆塗りを施されています。こちらは、KrynaのショールムPLUTON限定のスペシャルモデルではなく、一般に販売されている(内部に銅板が追加されていないタイプ)です。オーディオショップでボードとかあれこれ相談していたところ、たまたまタイミングが良くご厚意でお借り出来ることに。手持ちの限定モデル(+Cu)とも比較してみました。

 

Palett_n

  • メーカーHP: http://www.kryna.jp/product/palette_board.html
  • サイズ: W490×H34×D420 5.5kg
  • コンコンと叩くと:軽めの音で+Cu(限定モデル)と比べて鈍く響きました。

 

【外観など】
ボードとボードにインシュレーターが挟み込まれた構造。4カ所に安全上のネジがあり、緩めてから使う。表面は漆塗りで艶やか。外見上は限定モデルとの違いは分かりません。ただ、デモ品で雑に扱われたのかお借りしたボードは表面のキズが多かったです。また、コンコンと叩いた感じだと、上層のボードは+Cu(限定モデル)と比べて明らかに強度は弱そう。スペック的にもボードの重さが、1.5kg軽くなっていました。

 

【サウンド インプレッション
+Cu(限定モデル)と比較しました。立体感は落ちて平面的になり、左右の空間は狭くなる。奥行きも上下も一回り狭い感じに。スピード感も弱くなり、キレも落ちる。レンジも上の伸びが少し落ちる印象。一方で、S/Nや解像度はあまり変化無なく、音像は濃い目で悪くない感じですね。温度感も+Cuよりやや高め。ボーカルも前に来る感じなんですが、立体感がイマイチで実体感は薄めで残念。音色はニュートラルで、音の感触は悪くないです。+Cuより柔らかく艶があって、性能面でも悪い訳では無いのですが、限定版の+Cuと比べてしまうと…。

 

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載 せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、 ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 

割引きもあって4万円程度ですね。一方で限定モデルは割引きなく、75600円と倍近く違うので悩ましいところ。限定モデル(+Cu)と直接比べると評価は厳しくなるのですが、性能的に悪いということは無かったですよ!他にも今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さ~い。

オーディオボード 集中レビュー KRYNA Palette-Cu 編

 インシュレーターなどで定評のあるクライナのオーディオボード。ボード内部にクライナお得意のインシュレーターが挿入され、振動特性改善のために表面を漆塗りを施されています。こちらは、KrynaのショールムPLUTON限定のスペシャルモデルで、制震・シールド効果を狙い内部に銅板が追加されています。以前のOrquestaボードが好印象だったので、PLUTONから通販で購入しました。PLUTONのHPでも<音への効果は桁違い!>と有りますが、確かに標準モデルを明らかに凌ぎました。お勧めです(^^)/

 

Palett_cu

 

  • メーカーHP:http://www.pluton.jp/HTM/palette_cu.html
  • サイズ: 490mm 420mm 34mm  約7.0kg
  • ボード叩くと:コンコンとした軽めの音だがノーマルより響かず締まる。

 

【外観など】
ボードとボードにインシュレーターが挟み込まれた構造。4カ所に安全上のネジがあり、緩めてから使う。表面は漆塗りで艶やか。外見上はノーマルとの違いは分かりません。ただ、上のボードはコンコンと叩くと、ノーマルより明らかにシッカリした感じになっています。スペック的にも1.5kg重くなっているようなので、挿入されている銅板の重さは結構有るみたいです。

 

【サウンド インプレッション】
ゆったりで丁寧な描写で好印象。低域も十分沈みレンジは上下共に良好。低域のキレは凄いと言うほどではないが、スピード感は十分。解像度やS/N、情報量などはかなり優秀で今回試聴した中でもトップクラス。中~低域に少し艶が乗り厚みが増して、全体的にしっとりした感じになるが、一方で高域のシャープな感じも出せる。標準のPaletteはイマイチな感じでしたが、銅板追加でかなり高性能になっておりお勧めのボードです(^^)/

 

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 

 ショールーム限定モデルなので購入は公式オンラインストアから。ほぼ割引なしの定価販売なので、ちょっと高価なのが難点。。。今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さいね。

オーディオボード 集中レビュー ilungo grandezza 編

イルンゴのgrandezza オーディオボード。アビトン合板で作られた定番と言っていいでしょう。手持ちのは数年前にダイナから購入したもの。ソリとかも感じられず、かなりシッカリとしていると思いました。また、今回他のボードと共に試してみて、やはり非常に良くまとまっていて、使いやすいオーディオボードだなぁと改めて感じました(^^)/

 

Ilungo_1_2

  • メーカーHP: http://www.ilungo.com/products/bord.html
  • 試したサイズは: 440mm 340mm 60mm
  • コンコンと叩くと: 締まって気持ちの良い響きが少しあります。

 

【外観など】
ズッシリとした黒て厚いボード。四隅の角は取られています。購入した時は、下に敷くためのカーペットが付いてきました。

 

【サウンド インプレッション】
TAOCのSCB-CS-HC45W程は低域の沈み込みはないが、上下のレンジは十分なレベル。やはり低域のキレも劣るが、弾むような塊感があって好印象。音像は自然で、ボーカルの表現力は向上。TAOCと空間は同じくらいだが、ゆったりした感じで、スケール感はある。音が柔らかく、弦の響きはきれい。響きはやや長くなるが、気持ちいい響き。響く分はS/Nが少し落ちる印象で、焦点もやや甘く音像も少し大きめになる。ただ、音像は自然な感じで、ボーカルの表現力は向上する。
今回色々比べた中では、性能的に凄く突出した部分は感じられないもののバランスが良く、気持ちの良い響きが隠し味的に足されて、システムを選ばず楽しめそうなボードですよ(^^)/

 

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載 せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、 ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 

サイズ色々あるので購入時は注意して下さいね。 他にも今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さ~い。

オーディオボード 集中!レビュー TAOC SCB-CS-HC 編 

 TAOCの新しいオーディオボードです。中身は鋳鉄粉入りハニカムコアを使用した5層構造。TAOCらしい重量級ボードですが、末尾Wのタイプは表面材に木材(天然なら材)を使用しているのが新しい感じ。ショップからお借りしたのは、SCB-CS-HC45Wで2枚一組の一番小さなタイプ。サイズの大きい50Wと65Wは一枚組。表面に特殊コーティングがされたCタイプや上位機種よりもナチュラルそうです。じっくり試させて頂きましたが、低域の沈み込みとスケール感が凄かったですよ(^^)/

 

Taoc_scb

 

  • メーカーHP: http://www.taoc.gr.jp/scbcshc.html
  • 試したサイズは: 470mm 450mm 41mm (天板 450mm 350mm) 6kg
  • コンコンと叩くと: あまり響かず重量感のある感じでした。

 

【外観など】
 写真だと分かりにくいですが、下に広がった台形で安定感が増している感じです。表面はダークオーク調の天然木仕上げ。落ち着いた感じで使いやすいデザインですね。

 

【サウンド インプレッション】
 解像度とSNは十分で、空間の広さも保っていますね。イルンゴと比べて基本的な性能は全体的に少し良い感じでした。ただ、イルンゴのように響きは無いために、全体に少しスッキリした印象で、音像もイルンゴほどは濃くない感じでした。表面の天然なら材が効いているのか、温度感はイルンゴと同じく少し高め。何より凄いのは、雄大なスケール感と深く沈む低域。低域は締まってキレもありますね。相対的に高域が弱く感じますが、重心をグググッと下がった雄大なスケール感に驚きました。スピード感は普通でしたが、もっと重心を下げてスケール感が欲しい場合にはうってつけだと思いましたよ(^^)/

 

レビューにあたって。一連のボードはクリーン電源の下に試しました。フローリングの上にイルンゴに付いてきたカーペットを敷き、その上にボードを載せています。当たり前ですが、セッティングの環境でかなり変わる印象です。比較のために出来るだけ同じ環境で試してボードの印象を記事にしていますが、ボードの持ち味を発揮するように調整すれば、もっと実力を発揮させられると思います。

 

 サイズは3種類ありますので、気を付けて下さいね。他にも今回いろいろとオーディオボード 試聴しています。良かったら、オーディオボード 集中!レビュー目次の方をチェックして下さいね。

オーディオボード 集中!レビュー 目次編

 2014年末に導入したクリーン電源のKojo Aray Mk3 SEに使うオーディオボードを、どうしようかと妄想していたんですが、半年以上かけて結局ほとんど試してしまいました( ・_・;) まとめてみようと振り返ったら、オーディオアクセサリー誌の特集記事みたいな状況になっていました(^_^;)

 良さそうなボードは片っ端から試したので、オーディオボード一覧って感じになってます。 全て記事にするには時間がかかりそうですが、徐々にレビューを書いていきますね。レビューを追加する度に、このページを更新して目次になるようにしていく予定です。また、ある程度まとまって来たので、おすすめオーディオボードのまとめ記事を別に書きました。良かったらみてみて下さいね!

 

# イルンゴ Grandezza STD
メーカーHP
 Grandezza紹介記事 当方のレビュー記事(2015/12/11)

  

 

# TAOC SCB-CS-HC Series
メーカーHP 当方のレビュー記事(2015/12/9) 

 

# Acoustic Revive RST-38H
メーカーHP 当方のレビュー記事 (2016/1/20)

 

# KRYNA Orquesta OR-3345
メーカーHP Orquesta紹介記事 レビュー(未)

# KRYNA Palette Board
メーカーHP 当方のレビュー記事(2015/12/16) 

# KRYNA Palette Board +Cu
メーカーHP 当方のレビュー記事(2015/12/13)

 

# AIRBOW WFB0190-3
メーカーHP 当方のレビュー記事 (2016/1/11)

# G-CLEF WELLFLOAT RING
メーカーHP レビュー(未)

 

# KRIPTON AB-HR5
メーカーHP 当方のレビュー記事 (2016/05/01)

 

# Atomic Audio Labs Pro Reference 19
メーカーHP1 HP2 レビュー (2016/02/08)

 


# SYMPOSIUM SVELTE SHELF

メーカーHP 当方のレビュー記事(2015/12/28)

# SYMPOSIUM ULTRA PLATFORM
メーカーHP 紹介記事 レビュー(未)


<以下は番外編。クロックで試しています。>
# H.A.L E.M.G Board
メーカーHP レビュー(未)

# MISTRAL EVA-C1
メーカーHP レビュー(未)

 

 ボードとラックやフローリングの間には、福田先生もご推薦のスパイダーシート使っています。癖が無く床やラックの振動をキャンセルしてくれる感じで好印象です。ご存じと思いますが、元々はキタリアの滑り止めシート。繰り返し使えて便利ですが、EVA樹脂なので高温に注意です。キタリアの製品はほとんど見かけない&値段ほぼ同じなので、自分もこちらを購入。手持ちが無くなる前に購入してストックしています。

2016/1/20 更新

より以前の記事一覧

Rakuten 広告

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、今から入手を考える場合はヤフオク!も含めて焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo

Google 広告