フォト

このブログを検索!

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
  • HMVジャパン
  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の1件の記事

ESOTERIC Grandioso P1X/D1X 発売前に試聴レビュー!

 2019/03/01 発売開始のエソテリック Grandioso P1X/D1X は、進化したVRDSメカ(VRDS-ATLAS)と完全自社設計の新 64bit DACを投入という力の入った新製品ですよね!これは聴かなければ!!!と思って、ダッシュでSISさんに試聴しに行ってきました。タイミング良くdCS Vivaldiと比較試聴出来たので、相手に不足無しです!

 

【外観&機能】
 商品情報の詳細はココに。トラポもDACも2筐体なので、最低4筐体。内蔵クロックも高精度のVCXOなので悪くないですが、外部クロックも追加すると5筐体(^^;) 当日はパンフレットは、まだ出来上がって無くてカラーコピー版(内容はWebにあるpdfと一緒)でした。

 

 今までのデザインを踏襲していますね。でも、ここまでの製品だとポルシェデザインあたりにデザインを外注しても良いかも?と思ったり。ありがたい事に、クロックまで入れた5筐体のフル構成で試聴出来ました。ただ、当日に持ち込まれたばかり(数時間は鳴らされていました)なので、1-2日置けばもっと良くなるかも?

P1xd1x

 

 比較相手は、おなじみ?なdCS Vivaldi です。Clockは、Scarlatti Clockが使用されていました。こちらは、フル構成だとTransport + UpSampler + DAC + Clock の4筐体。写真にアップサンプラーあり(左下)ますが、接続されてませんでした。DACは試聴時に設定変更して聴いています。ちなみにですが、DACの設定でかなり音が変わります。M1F2だとScarlattiに近い印象です。
P1xd1x_2

 

【試聴時の構成】
 SPはYG Sonja2.2なので分かりやすかった(担当さんに感謝)です。パワーアンプは、SPECTRAL(DMA-280かな?)、プリはQUALIAだけど、お店の在庫&入荷みるとINDIGO Line Amplifierだったのかな!? すごい構成だった( ・_・;)

 

 ただ、写真の様に背部にスピーカーが林立している環境(それでも上手く鳴らされていました)なので、厳密な定位とか奥行表現は評価難しい部分もありました。とは言え、dCS Vivaldi DACとYG Sonja2.2(ウチのもアップデート済みです)は家と同じなので、比較しやすかったですね。
P1xd1x_1

 

【VRDS-ATLASメカ】
 気になる新旧メカの見本もありました。右が新VRDS-ATLAS です。見ての通り全くの新規開発で、旧タイプが貧弱に思えるほどガッチリなのは勿論ですが、モーターも上から下に移動していたりと、大幅改善でした!持たせて頂きましたが、新メカは重いです。パンフレット見たら、13.5kgだそうです。メカだけでですよ(^^;)
P1xd1x_3

 

【自社設計の新 64bit DAC】
 新DAC回路の見本もありました。もともとメカを作っているのが、エソテリックの強さだと思いますが、社外のチップでバカ高い製品だされても燃えないんですよね。あと、個人的には旭化成とかESSよりAD1955やPCM1704が好き(つまりEsoteric X-01D2の世代が好き)で。。。

 

 それが、今回は自社開発のDAC回路で期待大です。チップが円上、等距離に配列されているを見るだけで、音が良さそう!って思いますよね。ただ、DACは暖まるのに少し時間がかかる(1-2時間)ので、常時通電しておいた方が音的には良さそうです。
P1xd1x_4

 

【音質】
  一言で言うと『濃密』ですね。性能不足を濃さで色づけして誤魔化しているのではなくて、性能はシッカリで濃い描写でした。物量投入が効いているのだと思います。ちゃんと旧Grandiosoを聴いたこと無かったんですが、今までのエソテリックのイメージとは少し違うかも。少なくとも、X-01D2やK-1Xのイメージとは印象違うと思いました。これ以上無いぐらいに物量投入されていますが、単に力押ししてくるタイプじゃないですね。PlaybackDesignとかWeissの方向性に物量投入が合わさって素晴らしい製品だと思いました。

 

 CDの再生レベルは、かなり高いですね。特に、ボーカル表現が素晴らしいです。空間描写も、うまく濃いめで気持ちいい。音の粒を感じるタイプでは無く、個々を微細にキッチリ定位させて描くというより、全体を描く感じでした。

 

 SACD再生は、CDに比べると大幅アップという感じは無く、悪くはないのですが少し物足りない感じでした。SACDだと、もっと分離させて情報量を活かした描写をして欲しいとも。最低域の沈み込みやキレも少し物足りないと感じましたが、情報量などと併せて1-2日待てば改善しそうな気がしました。

 

 dCS Vivaldiで聴くと、いつもな感じです(^^;) クオリア&スペクトラルとの組み合わせだと、(電源環境とかセッティングも併せてですが)スピード感悪くないがエアーほどじゃ無い感じで、定位とか甘めで少しふんわり系な印象でした。最低域の駆動力や沈み込みももう少し欲しいかもですが、セッティングで詰められそうな感じもします。

 

 P1XD1Xと比べCDでも情報量は多く音も分離する感じですね。キレやスピード感はVivaldiの方が良いですね。グイッと音像を描いて、空間全体を絵画的に描写するP1XD1Xと比べると、空間に個々の楽器をきちんと配置して、細部を描き音像にリアリティを与えようとするタイプ。気持ちアッサリというか、P1X/D1Xの方が気持ち暖色で濃いめな描写でした。最低域はVivaldiが優位ですが、Vivaldiの方が4-5日早く入荷しているので、その分はあるかも。SACDは、やはりdCSが強いですね。情報量が一段増えて、そのまま描写がより繊細に鳴る感じです。

 

【まとめ】
 過去に視聴してきたMSB Reference DACやCHのセットとも併せてのイメージだと、dCSやMSB、CHは写真的な描写だと思います。ただ、dCSはデジタルではなく、リバーサルフィルム的な雰囲気、それもハッセル的な良さを感じますね。分かる人にしか分からない例えですけど、色味はベルビアじゃなくプロビアって感じで。CHやMSBは、同じ写真でも最新フルサイズのデジカメって印象かな。

 

 それに比べると、新しいP1X/D1Xは絵画的で説得力のある表現です。物量投入で性能を前面に押し出した力押しかと思ったので、良い意味で裏切られました。高い基本性能に基づいた濃密な表現、特にボーカルが素晴らしかったです。高価なシステムではありますが、海外のトップクラスと戦える実力機でした!

« 2018年10月 | トップページ | 2019年3月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo