フォト

このブログを検索!

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
  • HMVジャパン
  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の5件の記事

Ayre 製品 なんと値下げ!!

 朗報です。円安を受けて2015/02に値上げされていたAyre製品がAxissさんの努力で大幅な値下げになりました(^^)/ 今まで値上げ一方という感じでしたが、じりじり円安が進む中で、朗報ですね!

 

2014/10 2014/01 2014/11
MX-R Twenty 430万円 470万円 420万円
VX-R Twenty  - 360万円 320万円
KX-R Twenty 390万円 430万円 380万円
ドルレート 108円 118円 123円

 

 発表された時点でのドル/円レートも一緒に表にしてみました。ちなみに、MX-R Twenty は、アメリカでは29500$です。計算すると1$142円相当なので、値引きと送料や為替手数料やサービスのコストを考えれば、かなり良心的なレベルかなぁと思いました。15%offなら、アメリカで購入して持って帰ってくるより安いかも。もちろん絶対的な値段は安くは無いですが。。。

StereophileのMX-R Twenty レビューでも性能面は絶賛されていましたが、初代の16,500$から29500$と大幅に価格が上がってしまったことは、少し苦言を呈されていましたね(^^;)

Argento Audio Flow Master Reference 電源ケーブル 偽物情報。。。

 まず私のARGENTO AUDIO Flow Master Reference (FMR) 電源ケーブルは、2012/04に海外の正規代理店から購入しました。日本の代理店が、Flow Master Referenceシリーズをカタログモデルとして扱いだしたのは2012夏頃だと思いますので、おそらく取り扱い前です。

 外見は、美しいオリジナルプラグと白く楕円形で太い線が特徴。かなりしっかりしており、曲げにくく捻りにく、取り回しに苦労するレベルです。下の写真の様に特につり下げたりしなくても、勝手に自立しています(^^;) チクマの電源タップが何故か華奢に感じますね。ちなみに、Flowの電源FLOW MASTER REFERENCE電源はかなり別物で、手持ちのFMRはFlow電源ケーブルのようにグルグルと曲いたり出来ません。

 

Fmr

 

Ad_fmr_4    こちらは、ロメオさんからCrystal Cable Absolute Dreamのレポートと一緒に頂いた写真。ロメオさんがお持ちのFMRと一緒にADが写っています。FMRがやたらと太いのが分かりやすいかと思って、再掲しました。

ちなみに、6moonsのFlowのレビューの一番最後にシリアル0001のFMRが写っていますが、同じ形状でした。

 

 

【偽物情報】
中華なサイトで5万円程度で偽物が複数のショップから販売されています。
Argento_fake2_2
Argento_fake1

プラグはかなり似せてありますが、ケーブルは本物より明らかに細く、曲がりやすいようですね。下の写真は上の写真とは別な中華ショップです。

Argento_fake4
Argento_fake3

工房は同じようですね。ただ、上のショップとはプラグのシリアルが違っています。何となくロゴなどの印刷も上のショップより上手になっているような感じなので、こっちがフレッシュ?な偽物みたいです(^^;)

(2016.02.15 一部修正・追記)

フジクラ vs 住電日立 CV14SQ 3C 比較試聴!?

 先日、届いたCVとVVRケーブルをみて太すぎて電源ケーブルに加工するのは無理かなぁと思たんですが。。。工事をお願いするにあたり、やっぱり音質が気になったので、電源ケーブルにして試聴してみました!

 

Cv14sq3c_3_3  作業自体は変わらないのですが、なにしろ太くて大変でした。皮膜は住電日立よりフジクラの方が、剥きやすくて作業性は良かったです。導体が太すぎて、そのままではプラグに入らないので、棒状の圧着端子を使いました。
 両方とも3芯がよじってありましたが、フジクラは長めに皮膜を剥かないと分からないレベル。住電日立の方が強くよじられていましたね。


Cv14sq3c_2



 プラグは極太銅線と相性良さそうなWattgate 330/350i Agを再利用。以前に既製品のケーブルから外したもので、ずっと道具箱に(^^;) 試聴は前段とプリアンプに使っているクリーン電源で試しました。プラグと比べると、線の太さが分かりますよね?

Cv14sq3c_4
 初めに、フジクラを作って一通り試聴したら、分解して住電日立のケーブルを作りました。想像以上に大変でした。。。

 使った道具達です。圧着工具とペンチは安物なので非常に作業がやりにくかった。特に圧着工具は、ロックを外すのに固すぎていちいちペンチを使わないと外れない。。。本当はVVRも電源ケーブルで試そうと思ったんですが、CV2本作業したら指の皮がむけたので、諦めました(^^;)



# フジクラ CV14SQ 3C

  • 空間は中央に集まり、あまり広がらない。
  • S/Nは悪いというレベルでは無いが、良くは無い。
  • 解像度はイマイチ。音像も大きい。エネルギー感ある。
  • レンジは思ったより保っている。中低域に厚みがあって上の伸びが弱い。音像は下に引っ張られる。
  • キレは甘くなるが、リズム感は良く保っている。
  • 音色は少し暖色で温度感高め。温度感が高く分かりやすく楽しい音。


#住電日立(HT&T) 
CV14SQ 3C

  • フジクラとはかなり違う音。
  • 空間はフジクラより広い。音像は少し奥に下がる。
  • レンジのバランスはこちらの方がフラット。最低域もフジクラよりやや沈むかも。
  • キレ・力感は無い訳でなないが、フジクラに及ばない。
  • 情報量というか音数は少ない?全体にスッキリした感じ。
  • フジクラに比べて、エネルギー感なく音像の存在感も弱い。
  • 音色は同じようなう印象。

 

 住電日立の方がHiFiなのかも?とも思いましたが、フジクラの方が明らかに聴いていて楽しい感じでした。いま使っているケーブルには銅線ほぼ無いので、フジクラの中低域が厚くエネルギー感のある楽しいキャラクターと相性良さそうな感じです。住電日立の方がフラットなのでフジクラだと電源工事でバランスかなり変わりそうですが、思い切ってフジクラでお願いすることにしました(^^)/ 

電源工事 模索中。。。

 マンションなのでオーディオ用の専用電源は諦めていたのですが、後付けでも隠蔽配線をお願い出来ると聞いて、オーディオ用の専用電源をお願いすることに。分電盤から200Vで専用線を配線して、機器の近くにオーディオ用の分電盤を設置。オーディオ用の分電盤には、ブレーカー4個作って貰う予定です。SさんにもMさんにも色々と相談頂きました。感謝です。

 200Vの専用線にはCV14SQ3Cという線を薦められましたが、電線メーカーは??? 自分でくぐってもイマイチよく分からず。メーカーの資料とか見てもピンとこないので、購入してみました(^_^)v

Cv1

 話に出ていたフジクラのCVケーブルと、住電日立のCVとVVRケーブルです。思った以上に太くてビックリ(^^;) 調べると、CV14sq3Cは、断面積14sqの銅線(より線)を架橋ポリエチレンで被覆し、3本束ねて、介在物を入れて円形にして、外周をビニルシースで覆った物みたいです。VVRは同じ構造ですが、絶縁体が架橋ポリエチレンでなくビニルのようですね。一般的な配線だと、VVRよりCVの方が耐性が高いのでCV使 うようです。
 オーディオと絡めてだと、VVR(ビニル絶縁ビニルシース)がより線でノイズ対策に良いという記載を見かけまし たが、CVもVVRも3本をストレートに束ねているだけで、撚られてはいいないようですね。 皮膜を長めに剥いでみたら、ゆっくりとひねられていました。なお住電日立の方がフジクラより捻りが強いようです。

Cv2

 切り口から少し見てみましたが、ちなみに、どれも導線は0.8mm単線を7本束ねて円形圧縮されているようです。住電日立の介在物は紙っぽい感じで、フ ジクラはビニール紐ぽい感じでした。CV-Sというシールド付きもあるので、聞いてみたのですが良いアースが取れないと逆効果とのこと。
 予定では電源ケーブルを作って少し比べてみようと思ったんですが、想像以上に太さで…。そもそも被服剥がして導線出しても、ちょっと切断出来そうにありませんね(^^;) 

Transparent Reference XL Digital レビュー

 TransparentのOPUSの一つ下になる Reference XL。Digitalケーブルとしては、トップモデルです。何回か比較試聴の記事は書いていたのですが、ちゃんとレビューしていないのに気が付いたので、慌ててレビューまとめました。

 

Xl

 

【概要】
 BNC端子と見比べて頂くと分かると思うのですが、かなり太く捻りにくく曲がりにくいです。特に端子部分は大きくて長いので、通常より長めのケーブルを選んだ方が良いと思います。私も普通は1mですが、1.5mを選びました。Digitalの通常ラインナップは、RCA/XLRですが、特注でBNC端子への変更も可能。インコネやSPケーブルと違って、Transparentお得意の箱は挿入されておらず、キャラは素直なのかもしれません。

 

【音質】
 情報量と解像度は素晴らしいレベルで、音がきちんとコントロールされて整理される感じがあります。S/Nは抜群に良くOdinと比べても勝る印象。高域は十分に伸び、最低域の沈み込みも優秀。スピードとキレも良いですね。
 音色は僅かに暖色ですが、全体に落ち着いた雰囲気で、音像も半歩後ろに下がる感じです。ただ、S/Nも良さもあって音に深みがあり、訴えかける魅力がありますね。空間も十分に広く、優秀な立体感と音の深みから濃い音像が描写され素晴らしい。Transparentのデジタルケーブブルのトップモデルとして相応しい実力と思います。

 

【ライバルとの比較】
Nordosr ODIN:価格的に倍以上ですが、S/Nや立体感などOdinに勝るとも劣らない部分があります。全体的な性能としてはOdinだとは思いますが、方向性も大きく違うので両者を比べてTransparentを選択する場合もありそうです。

STAGE III CONCEPTS A.S.P. REFERENCE CHIMERA:ほぼ互角ですが、僅かにトータルの性能ではトラペが勝るかと思います。Stage3の方がキラッと黒光りする感じで渋く格好いいですね。

Nordost Valhalla:総合的な性能だと、トラペとStage3には少し及ばない印象です。ただ、上記の2つとは方向性が違い、抜群の抜けの良さやキレなど得がたい魅力があります。

Augline ソリッドオーグライン パイプシールドデジタル NEO:性能的には、Valhallaに匹敵するレベル。このケーブルは、比較的欠点無く優秀と思いますが、絶対的な性能ではトラペが勝る印象です。ただ方向性は違って、オーグラインは伸びやかで楽しく聴かせるタイプなので、キャラが気に入れば外せない1本になると思います。

 

【まとめ】
 デジタルケーブルとしては、Odinなど病的なケーブルを除けば、上記の4本が四天王という印象でした。その中でもトラペは性能的にはOdinに勝るとも劣らない部分もあり、素晴らしい性能ですね。

 

(今は順列組み合わせの結果から、控えに回っています。こんな素晴らしいケーブルを控えにするのも勿体ないので、もし有効活用頂ける方がいらっしゃればお譲りしたいと思っています。もしご希望有りましたら、メールにてご連絡頂ければ嬉しいです)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo