フォト

このブログを検索!

  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の4件の記事

都はるみ おすすめ アルバム CD/DVD 紹介!

 当たり外れある中から高音質で内容のいいアルバムを随時ご紹介しています。なお個人的な理由で、歌がうまい女性ボーカルばかりです(^^)/ J-POPと並んで演歌系も音質的には当たり外れ激しい印象ですが、今回はご存じ都はるみ!力強いコブシ回しと繊細かつ圧倒的な高域の伸びで、他を寄せ付けないインパクトで「はるみ節」と呼ばれていました。

 1964年16才の時にデビューして同年の「アンコ椿は恋の花」が大ヒット。翌年の1665年から20年連続で紅白に出場し、デビューからエンジン全開で走り抜けました。そして、絶頂の84年に突然「普通のおばさんになりたい」(キャンディーズのパクリですね)と言って、同年の紅白で一時休止。当時のテレビとかで大騒ぎだったのを覚えています。そして、89年の紅白で5年ぶりにお茶の間に帰ってきて、本格復帰。現在に至るという感じですね。

Miyako_cd

 先日のコンサートで握手して貰って、すっかり骨抜き。握手して貰った時に固まってしまい「小学校の頃からファンでした!」とか返せなかったのが返す返すも残念(^^;) 先日のコンサート帰りの勢いそのままに、手元にあったCDとかを並べてみました。DVDはもう少しあったと思うんですが。。。もっと家を片付けないとダメですね(^^;) ふだんブログを見に来て下さっている方が興味あるか?ですが、この勢いのままオススメをご紹介していきますね(^^)/

 順列組み合わせを変えただけのような数多のアルバムの中で、一押しはコレ!50周年記念で企画されたベスト100の6枚組プレミアムBOXです。いきなり愛蔵版みたいなBOXを一押ししにくいのですが、手持ちの他のアルバムと比べて一線を画す高音質で決定版という内容です。どちらかというと音質的には残念なアルバムが多いので、自分も覚悟して購入したのですが、良い意味で予想を裏切られました。ミキシングからやり直したのでは?と思うくらい音質が良くなっていて、やっと「都はるみ」で納得できるCDと巡り会えた感じです。やったぁ(^^)/

 

 続いてはこちら。2枚組30曲収録で、基本は演歌系のカバー集。自分の曲(アンコ椿は恋の花、、涙の連絡船、北の宿から、大阪しぐれ)も入っているのですが、何故か「好きになった人」が入ってない!でもまあカバー集なのでオマケ部分かな。音質的にも十分良好で有名どころのカバー曲が揃うので、こちらもおすすめです!

 気になる初出と収録年を分かる範囲でまとめてみましたので、参考までに!

DISC 1

  1. さざんかの宿/「浪花恋しぐれ~私の好きな歌~」1983
  2. 兄弟船/「頓堀川」1984
  3. 夢追い酒 /1980
  4. 長良川艶歌/「夫婦坂」1964
  5. 北酒場/「82有線ヒット曲集 東京セレナーデ」1982
  6. すきま風/1980
  7. くちなしの花/「浮草ぐらし ~はるみとギター~」1980
  8. 夢芝居/「道頓堀川」1984
  9. 昔の名前で出ています/「演歌熱唱」1977
  10. 君は心の妻だから/「浮草ぐらし ~はるみとギター~」1980
  11. 夫婦春秋/「恩愛の花~都はるみ 市川昭介を歌う」2007
  12. 港町ブルース/1969
  13. 長崎は今日も雨だった/1969
  14. なみだの操/「演歌熱唱」1977
  15. 兄弟仁義/1972

DISC 2

  1. 舟唄/1980
  2. おもいで酒/1980
  3. 津軽海峡・冬景色/「演歌熱唱」1977
  4. 別れても好きな人/1980
  5. 矢切の渡し/「浪花恋しぐれ~私の好きな歌~」1983
  6. 氷雨/「浪花恋しぐれ~私の好きな歌~」1983
  7. ふたり酒/「浮草ぐらし ~はるみとギター~」1980
  8. おんなの出船/「道頓堀川」1984
  9. ソーラン渡り鳥/1972
  10. 他人船/「演歌熱唱」1977
  11. 裏町酒場/「'82有線ヒット曲集 東京セレナーデ」1982
  12. アンコ椿は恋の花/1964
  13. 涙の連絡船/1965
  14. 北の宿から/1975
  15. 大阪しぐれ/1980

 

 続いては「魅力のすべて」 これは、1968年11月に発売されたベスト盤の初CD化。2枚組で28曲収録。先にご紹介した歌と共に50年 ありがとうございます 都はるみプレミアムBOX とほとんど重複するかと思いきや半分は被っていません。特に、「思い出に咲く花」と破壊力抜群な「フレンド東京」はシングル曲でないので、CD化ではココだけだと思います。音質的も頑張っていて、10大の「はるみ節」を満喫できる一枚!また、当時の解説が収録されているのですが、この解説が秀一で素晴らしい。一読の価値ありですよ(^^)/

 

 こちらもカバーアルバム。69年に発売された当時のヒット曲をはるみさんがカバーしたアルバムです。2014年に初CD化されました。収録曲は、「恋の奴隷」「愛して愛して」「時には母のない子のように」「初恋のひと」「みんな夢の中」「風」「禁じられた恋」「七色のしあわせ」「夜明けのスキャット」「白いブランコ」「知らなかったの」「港町ブルース」という内容。ジャケットの写真も振り袖じゃ無くて、貴重?なミニスカートです(^_-) 音質的にも頑張っていて、まずまずといったレベルになっています。

 

 こちらはコンサート行く前の予習用アルバム。分かりにくいのですが、毎年新しいアルバムが出る「全曲集~」と言うのが新曲と最近の曲で半分、昔のヒット曲で半分という構成のようです。「ツインパック~」と言うのが、何年か毎にでる2枚組のベスト盤でお買い得感があるのですが、最新2013年発売のツイン・パック/都はるみ には、2014年「冬の海峡」だけで無く、2013年発売の50周年記念シングル「ありがとうおかげさん」も含まれていないので、微妙な感じですね。他によく見かける「名曲集~」はヒット曲とカバー曲数曲という構成で、あえて手を出さなくて良いかも。
 そう言えば、会場ではカセットテープを買い求める方が複数いて驚きました。改めてamazonとかみると、もうカセットテープって売ってないですね(^^;)

 

 続いてコンサートのDVDを。やはり一押しは、84年に行われたNHKホールで引退コンサートでしょう。人気も実力も正に絶頂期で舞台も立派です。コンサートには行けませんでしたが、子供心に引退は勿体ないなぁ。。。って思ってました。16才からトップスタートして20年走り続けていたので、きっと休憩も必要だったと思うんですけどね。。。
 改めて当時の歌声を聴くと、歌い手としての絶対的な凄みを感じますね。同い年だったら、セリーヌとかサラブライトマンとも互角以上に競えるレベルだと思います。まあ曲の好き好きはあると思いますが(^^;)

 

 こちらはベスト盤的なDVD。復帰後のコンサートなどから9曲+プロモーションビデオ1曲で、10曲約50分収録されています。やはり凄みを感じるのは引退前かと思いますが、円熟期のはるみ節も心に響きますね。このDVDにはコンサートの美味しいところがコンパクトにまとめられていて、引退コンサートともう一枚なら、このDVDがお手軽で良いのでは?と思います。

 

 ほかにも、おすすめの女性ボーカルCDをいくつかご紹介していますので、こちらも見てみて下さいね。それ以外にもストアページで、おすすめCDをまとめてあります(^^)/

都はるみ コンサート 2015 行ってきました(^^)/

 ご存じ都はるみ。自分の中ではトップ演歌歌手(ちなみに次世代のエースが石川さゆり、新世代の筆頭が坂本冬美。あくまで自分にとってはでですよ(^^;)) なんですが、衰えたとの噂をみて今のうちにコンサートに行かねば!!!と急に思い立ちました。調べて見ると、2013年に声が出なくなって入院しているみたいですね。この影響がまだ残っているのかなぁ。。。とりあえず大急ぎで探してチケットを入手。なんと前から5列目だったので、喜び勇んで全力疾走して会場入り。いやぁ平日の18時開演って厳しいです(^^;)

 

Harumi_3
 会場は神奈川県民ホールで、1Fフロアはおじいちゃんとおばちゃんでほぼ満席。なんか自分はちょっと場違いな感じでした(^^;)

 出だしは「ムカシ」からスタート。会場は初めから熱気ムンムンで、凄い盛り上がり。続いて、デビューの16才から50年以上歌い続けていますとの紹介で、「アンコ椿は恋の花」を熱唱。さすがに往年の声量は無くなっていますが、十分に聴かせるパワーがありましたよ!さすがです。それから5-6曲歌って第1部終了。

 

 第2部は、浪速恋しぐれ(たぶん)で開演。大阪の歌が多くて(京都なのに)大阪の人かと自分でも思いそうになりますねと、続いて「道頓堀川」と「大阪しぐれ」を熱唱。その後、なんとステージから客席に降りてきて!1ブロック向こうの通路だったんですが、観客と握手しながら「小樽運河」(たぶん)を。こっちにも来て~と必死に念じていたら、こっちの方にも来てれました!おおおおっと思って、必死で手を振ったら、握手して貰いました!!!やったぁ(^^)/ しかも手の届く距離で「小さな春」を熱唱。感涙です!!!

 

 そして、えんま堂?(バックバンド)の間奏の間に衣装替え。続いて50周年記念の「ありがとう おかげさん」を。CD聴いた時はどうしちゃったんだろう?って思いましたが、コンサートで聴くとグッと気持ちも入っていて、さすがの一言ですよ! 続いて「北の宿から」や「夫婦坂」の名曲を熱唱。本人もエンジン全開で、開演直後より明らかに声が出てました。凄い!「おんなの海峡」では、紙吹雪舞う中ノリノリでイナバウワーしながら歌っていました。たまには伸びたくなるんですって冗談言って。

 

 そして「千年の古都」を熱唱。はるみさんは、5人兄弟の長女で色々習い事をさせられていて、なんで私だけ!って子供の頃は(親の気持ちが分からず)思ったんだそうです。ご両親は反物を織られていたそうで、朝から9時?で父親は飲みに行くけど、お母さんは11時くらいまで月謝のためにもう一反織ってくれていたそうです。前に歌詞カード見た時はピンと来なかったんですが、そんな亡き母を思う曲をお願いして出来たのが・・・と紹介されて、やっと意味が分かった気がしました。やはり名曲ですね。そして、トリはお約束?の「 好きになった人」で幕。私の一番好きな歌です。客席にお辞儀をしながら、幕が下りてアンコールは無し。

 

 握手して貰って飛びかけた記憶だけで書いているので間違い有るかもですが、こんな感じで充実したコンサートでしたよ。いやぁ。さすが都はるみ!ホントに良かったですよ(^^)/

中森明菜 おすすめ アルバム CD/SACD/BD 紹介!

 当たり外れある中から高音質で内容のいいアルバムを随時ご紹介しています。なお個人的な理由で、歌がうまい女性ボーカルばかりです(^^;) J-POPは音質的には外れ多いんですが、今回は中森明菜です。どこか陰のある雰囲気とアイドル離れした歌唱力で、アイドル時代は松田聖子と共に絶大な人気を誇っていましたね。まだ、完全復帰て無いみたいですが、先日のNHK紅白(2014)で久々に歌う姿を見れて、安心したと同時に情感とか響くなぁと改めて感じました。慌てても欲しくないですが、早く元気になって復活して欲しいですね。

 

Akina_cd_2  音質的には2012年に決定版という感じのSACDが出ていますが、プレミア付きで手放しではお勧めしにくい感じ。中森明菜と聞いて思い浮かぶのは、アイドル時代と最近のカバーソング(歌姫)だと思うので、remix版SACDやベスト盤を追加購入して手持ちのCDと聴き比べてみました。


 

 

 中森明菜全盛時代の一押しはコレ!1982年のデビューから91年にワーナーを離れるまでのヒット曲28作品が2枚組CDに収録と、内容的にはたっぷり。価格的にも2300円程度で販売されています。聴きたい曲のほとんどは、このアルバムに収まっていると思うので、コアなファンでなければRecollectionがあれば十分かも。ブックレットにシングルレコードの小さな写真があしらわれていたりとファンの気持ちを考えた作り。リマスタリングも丁寧にされている感じで、SACD BOXに近い仕上がりで変な誇張感も無く、音質的にもおすすめです。

 

 

 次いでRemix版のSACD。こちらも2枚組大ヒット34曲収録とボリュームたっぷり。価格的にも3300円程度と2枚組SACDとしては割安感があるかと。Remixはどうしても賛否分かれると思うんですが、私もDisk2は全体的にアレンジに慣れないというか何か違和感を感じました。。。でも、セルフカバーと思えばアリですね。音質的にはCDに比べるとさすがに良いですよ。

 

 

 続いて2012年に当時のアルバムをSACD/CD hybridで復刻した限定BOX。18枚ぐみというボリュームでお腹いっぱい。定価45000円という値段で在庫もしばらくあったんですが、さすがに完売して今はプレミア付いていますね。おそらく当時のマスターが原因でオーディオ的最優秀盤というレベルでは無いですが、上記のCDなどと比べると明らかに優秀。おそらく中森明菜では一番の高音質盤だと思います。

 

 

 こちらは、BOXと当時に発売された単品のSACD/CD hybrid版デビュー曲の「スローモーション」から「SOLITUDE」までのシングル全13曲が収録されていて、内容的にも濃くおすすめ。売り切れてかなりプレミア付いていましたが、記事を書いている時は中古で5000円程度と少し値下がりしたみたいですね。さすがに18枚組BOXは荷が重いと思うので、SACDでどれか一枚ならコレがおすすめ。

 

 

 こちらもBOXと当時に発売された単品のSACD/CD hybrid版。先ほどのBESTに続く内容で、個人的に一番好きな「DESIRE -情熱-」はコレに収録されています。内容的にはBEST(Ⅱじゃない方)が粒ぞろいと思いますが、BESTⅡも負けていません。それにBESTⅡは、まだ新品が残っています。そろそろ在庫が無くなりそうなので、お早めに!

 

 

 続いては歌姫(カバー)シリーズ。1994年から2009年からまでの歌姫シリーズのなかから厳選された30曲が2枚組に収録。ニューミュージック、フォークソングから演歌まで、アレンジも安易なカラオケなどでは無くきちんと作り込まれて、素晴らしい作品に仕上がっていました。さすがに全盛時に比べ声量など出ていないと感じる部分もありますが、明菜の歌はやはり聴かせますね。ミキシングやマスタリングも丁寧に行われているようで、オーディオ的にも優秀でした。歌姫ベスト 25th Anniversary Selectionとも聴き比べましたが、個人的には今回のベストの方が音質的に優れていると思います。
 なお初回限定のDVDには、元気な頃に出演したNHK SONGSが収録されていました。30分程度の番組ですが、さすがはNHKで一見の価値はあると思います。そろそろ初回限定版無くなってきていますので、お早めに。

 

 

 こちらは2015/1/18発売の歌姫最新版。テーマはLoveSong。収録曲は、01. スタンダード・ナンバー 02. 真夜中のドア ~stay with me 03. Lovers Again 04. 長い間 05. ハナミズキ 06. 愛のうた07. fragile 08. 接吻 09. そして僕は途方に暮れる 10. やさしいキスをして 11. 雪の華 と名曲揃い。おそらく今の明菜を120%活かすようにジャジーなアレンジで、明菜もウイスパーボイスで歌っています。歌姫ベストとは感じが変わりますが、これはこれで聴かせる感じです。DVDは歌姫4のメイキング。最近の姿がみれる貴重なDVDですよ。

 

 

 最後にワーナーを離れてからも含めたベストCDをご紹介しておきます。ワーナー時代15曲、その後15曲を2枚組に納めたベストアルバム。注意点は初回限定に2種類あって、おすすめは後出しのこちら。付録DVDは中森明菜2000 「21世紀への旅立ち」のライブが収録されています。先行して販売されたオールタイム・ベスト ‐オリジナル‐ (初回限定盤)のDVDは、同じライブDVDですがダイジェスト版(でもMC有ったりと別内容) コアなファンなら両方購入しろ!って感じで、ちょっと・・・な気がしますね。DVDの画質もイマイチでCDも音質的には微妙な感じですが、貴重なライブ映像をみたいと思ったら購入するしか無いですね(^^;) 期間限定生産で、こちらもそろそろ在庫が無くなってきているようです。

 

 

 最後にライブDVDを。2014/06にBD版が再発売されています。中森明菜の絶頂期だった89年4月に行われた野外ライブで、デビュー曲「スローモーション」から「LIAR」までの全シングル24曲が収録というライブとは思えないボリュームで、まさにライブのベスト版という内容。先ほどご紹介した「21世紀への旅立ち」での様子は切なくなるものがありますが、こちらは元気いっぱい歌唱力バリバリで一押しのライブDVDですよ(^^)/

 

 ほかにも、おすすめのCDをいくつかご紹介していますので、CD紹介ページも見てみて下さいね。それ以外にもストアページで、おすすめCDをまとめてあります(^^)/

クリーン電源 Kojo Aray Mk2 SE 試聴&導入 レビュー!

 おすすめなクリーン電源の光城精工。ここは「世界中の電源をきれいに」という理念で活動されている青森県のメーカーです。このAray Mk2 SEは、出力1000VAのAray Mk2の出力素子のマッチングを行い1200VAに出力を引き上げ、筐体も新設計としたスペシャルモデル。以前にも別の機種を試聴させて頂いて、ずっと気になったので試聴をお願いしたら手配して下さいました。感謝です(^^)/

 Kojoの製品は以前にもAray 6 Mk2 レビューFary Mk2 レビューもさせて頂き好印象。また、先日ヤフオクで見つけて追加導入したDA-7050Tのカスタマイズの相談にも気持ちよく対応して下さるなど、以前からサポートも良心的で助かっています。おかげで、Kojo製品がDA-7050Tが2台、Fary Mk2が1台と増殖中(^^;)

 

【概要&外観】
08_3  お借りしたAray Mk2 SEを見てみると、以前にお借りしたAray6 Mk2と比べて明らかに見た目も筐体自体も立派な感じ。HPを見ただけだとあまり変わらないかと思っていましたが、実機の印象はかなり良くなってました。足はステンレス?の立派なもので、セッティングにも敏感に反応しそうです。また、放熱のために天板も底板もけっこう空いているので熱を持つのかなぁ?と思ったのですが、しばらく使ってもほとんど熱くなりませんでした。DA-7050Tよりかなり発熱は少なくなっていますね。(写真は興奮して取り忘れたみたいなので、HPからお借りしました)

 

【試聴】
 現状は103V出力やアイソレーションの追加などをお願いしたDENKEN DA-7050T(A)とノーマルのDA-7050T (N)の2台体制。元々1台の所に2台置いたので、けっこう無理矢理な感じです(^^;) (A)からTransport/DAC/Clockを供給し、(N)からプリアンプに供給していました。試聴では、DA-7050T 2台から全てAray Mk2 SEに置き換えて試しています。

# Kojo Aray Mk2 SE
 パッと聴いておお!と感じるレベル。音は繊細で柔らかくフワッと空間が広がる感じ。ノイズフロアが下がるためか音に深みと陰影感が増しますね。ボーカルも立体感が出て浮き出て、口元も明瞭になって息継ぎとかもリアルになるので、実体感がグッと濃くなります。スピードとキレも良好で、リズム感が特に良いですね。ロドリゴや綾戸智恵のLiveとか聴いても楽しめました。高域の抜けは変わりなく、最低域の沈み込みはやや増すようです。もちろ ん音はほぐれるので力感を増すタイプではありませんが、細部を繊細に描写して凄みを出してきます。

# DA-7050T 2台体制
Da7050t_2_4  元に戻してみました。さすがの名機もArayMk2SEの前では厳しいか。。。比べると全体にキレが無く、Focusもやや甘くなり少しぼける感じです。音も少し団子になってしまい沈み込みもやや浅くなる印象です。ただ、音の力感は増す感じで、やや明るめで元気な音。ボーカルも同じくらい前に来て、エネルギッシュな感じで悪くないです。

 

 

【まとめ】
 Aray Mk2 SEの価格はビックリな感じですが、それだけの凄みを感じました。ただ、システムの解像度・情報量が無いと、寝ぼけた音になってしまうかも。なんかConstellation Audio VIRGO II を聴いた時のことを思い出しました。一方でDA-7050Tは、システムによらずに、一定のパフォーマンスを発揮してくれそうです。ジャズとかロックならArayよりDA-7050Tを好む方も多そうですね。自分はと言うと、DA-7050Tに愛着有るし気に入ってもいますが、Aray Mk2 SEを聴いて「もうこれで終わりで良いんじゃないか!?」って思うぐらい気に入りましたよ(^^)/

 

【試聴後】
 これほど気に入ると購入するほか無い!って感じだったのですが、タイミングが悪く試聴したのはREX Ⅱ発注直後。金額も金額だしREX Ⅱを聴かないで導入を決めきれなかったので、一時保留にしていたら…、2014年末に某所で展示品特価処分を発見!?まさに秒殺で購入してました( ・_・;) あとでサポートの方に連絡したら、どうも私が聴いた試聴機だったみたい。なんか申し訳無い感じです(^^;

 また、購入後に色々と試した感じだと、下に敷くボードや棚板のキャラが想像より音に載る印象です。試聴時のノートを読み返してみたのですが、おそらくFaryやAray6もボードなどの影響を受けそうです。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo