フォト

このブログを検索!

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
  • HMVジャパン
  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の10件の記事

Nordost Odin 偽物注意! 続編。

 中華なショップで、「Nordost Odin Supreme Reference RCA Interconnect Audio Cable DIY WBT Plugs 1.5m 100% new pair」と販売されているケーブルを見つけましたので、ご紹介します。

Od80101

 上の写真はショップのHPから借りてきた物ですが、日本正規輸入品だけでなく米国で販売されている物ともプラグか異なっています。もちろん販売元も分かっているようで、DIYと付けていますね。 検索すると同じまがい物が、あちこちで販売されているようです。また、最近のはWBTプラグむき出しだと、バレバレと考えたのか黒い熱収縮チューブでプラグを覆ったバージョンも出てきているようです。

 さて、先日もお知らせしましたが、

NORDOST/ODIN/OD8010 並行輸入品と称した物がヤフオクに出品(2015/01/29現在)されています。

 並行輸入品と称している物は、1mですが上に載せた中華なショップのまがい物とと見た目がソックリなだけでなく、シリアルまでも同じ8010ですね!ちなみに、中華なショップでは250ドルの値段が付いていました。追記されたコメントをみると、委託出品のようですが詐欺の片棒を担がされているのでは?と逆に出品者が心配になってしまいますね(^^;) もちろん入札・購入の方は、よくよくご検討なさって下さいね。(2015/01/30 出品が取り消されました)

 ヤフオクに出品された追記のコメントによると代理出品のようですが、良識のある方のようで出品を取りけされていました。ちなみに、前述の中華なショップでXLRタイプは、217ドル(1m)で販売されていました。端子はフルテック(CF601&CF602)ぽいですが、値段を考えると端子も偽物かなぁ???

80102

 どちらにしても、端子が本物と違うことは販売元も分かっているようで、「 Nordost Odin Supreme Reference interconnects Copper Rhodium Carbon XLR cable 1M / diy cable」としていました。中華なショップだけかと思ったら、ヤフオクの件をみると思ったより世の中に出回っているようですね。少なくとも端子をよく見れば間違いようのないレベルと思うので、おおっ!と思っても一度は冷静になって気を付けないとダメですね(^^;)

(2015/01/30 追記)

Nordost Odin 偽物に注意!!

 まずはNordostのHPからお借りした写真をご覧下さい。Nordost Odin interconnectのRCAです。

Odinanaloginterconnect

 ついで、eBay(日本のヤフオクみたいなところ)に出ていた怪しい出品物の画像をご覧下さい。

_12 _14_2

 間違い探しじゃ無いですが、分かりやすいのは端子ですね。本物はOdinオリジナルですが、怪しい出品物は普通に市販されている端子です。中国とか香港のオンラインショップでも明らかな偽物を見かけますが、どれも怪しい出品物と同様にオリジナル端子ではありません。熱収縮チューブを偽造するのは簡単みたいですが、RCAもXLRもオリジナル端子をまねるのは難しいみたいですね。

 eBayも最近は対策されたのか、この手の怪しい出品物は少なくなって来たなぁと思っていたら、この怪しい出品物とそっくりな物がNORDOST/ODIN 並行輸入品と称してヤフオクに出品(2015/01/26現在)されています。(モカさんから情報頂きました)
偽物である可能性が高いと考え違反品の申告をしましたが、今のところヤフオクは対応していませんね。出品者の方の過去の評価は高く、偽物で一儲けしようという感じでは無さそうですが。。。皆様、くれぐれもご注意を!
(2015/01/30 出品が取り消されました)

 ちゃんと端子をチェックすれば大丈夫かと思っていたんですが、2015年末頃から端子もOdinの本物にシッカリと似せた偽物が登場したようです。(2016.05.30 追記)

記事まとめ:音楽無ければ始まらない!おすすめCDたち

 ブログでご紹介した女性ボーカルのおすすめCD/SACDをまとめてみました。オーディオ的に高音質で内容的にもおすすめのアルバムを選んでご紹介しています。音質的に大外れの多いJ-POPにも果敢にチャレンジ中です(^^;)

 以前はオーディオ歴も浅く音楽への造詣も深い訳では無いので、あまり記事にしていませんでした。方針を変えたのは、おそらく音の良いCD/SACDというメディアを購入する事は、早晩難しくなるだろうと思ったから。AKB商法についても言及しているThe New York Timesの記事(gigazineさんの解説記事)など有名かと思いますが、日本以外ではCDなどのメディアは大幅に減少していて、デジタル配信がメインになってきています。

 オーディオマニアとしては、ハイレゾ配信どんどん普及!?となって欲しいのですが、今のところ期待半分…という感じ。既に海外では低額で聴き放題のストリーミング配信サービスが立ち上がっており、今後は音楽を買うという習慣は無くなって行くのでは???とも思います。そうなると、アルバムという形も無くなってしまうかも知れませんね。

 とりあえずハイレゾ配信は今後に期待するとして、CD(SACD)が売れない/作られないという状態になると、質が下がって音質も下がると思うので、高音質なCD買うなら今でしょ!って個人的には思っています。なにぶん音楽あってのオーディオなので。また、CD(特にSACD)は意外と絶版になるのが、早くて後で…と思っていると知らぬ間にプレミア価格だったりして悔しい思いをしたりするので、手に入る間に購入しておく方が良いなぁと思っています。(2015.01)


Sarah Brightman お勧めCD 感動のヴォーチェ

年末年始お勧めCD! WANNA BE THE PIANO MAN

高音質 女性ボーカルお勧めCD MISIA

Holly Cole  Don't Smoke In Bed 超有名お勧めCD

高音質 女性ボーカルお勧めCD   Celine Dion

高音質 女性ボーカルお勧めCD   Sarah Brightman

高音質 女性ボーカルお勧めCD   美空ひばり その1

美空ひばり お勧めCD紹介


 上記の以外にもアマゾンでご紹介用のストアページ作成してみたので、良かったら覗いてみて下さいね!

記事まとめ:評価ポイント&日々のケアなど

 ケーブルの評価のポイントや、おすすめの端子のケアなど、その他のブログ記事をまとめてみました。

ケーブルなどの評価について。
 自分なりにケーブルなどの評価にあたり気にしているポイントを書いてあります。いま必ず試聴で使っているのは、美空ひばりの「川の流れのように」で、全体的なバランスやS/N、定位、音像の位置など。Rodrigoでキレ、スピード感、低域の沈み込みと力感、音の分離、弦の質感など。川江美奈子「letters」で、ピアノとボーカルの情感や表現力、音色、温度感など。他に、SarahのA Question Of Honourや、Kathrine JenkinsCeline Dion の Live a dream(試聴はSACD板)のどれかを気分で選択。音色やボーカルの表現力を、さらに確認したい時は、坂本冬美「Love Songs2」を。リズム感やノリの良さは、綾戸智恵のLIVE!で。スピード感やキレ、弦の質感は、寺井尚子 ライムライトで確認しています。今さら言うまでも無いですが、どれも素晴らしい内容のCD達です。

音楽の聴き方と作り方

 これはマスタリング・エンジニアさんから、作り手の側からみた音楽の聴き方です。付録CD付きで聴き方のアドバイスがされています。マスタリングの調整で、空間表現とか変わるのが面白かったですね。CDの作成過程も私は詳しくなかったので、通して読んで為になりました。私のような初学者にはお勧めの一冊です(^^)/

端子のクリーニング

 あまり目新しい内容では無いかもですが、自分でやっている方法を載せておきました。結構クリーニングすると変わりますよね???

ノイズ保護キャップ

Cardas XLR Caps
 端子の保護、ノイズ防止はCardasのキャップを使っています。XLRはあまり種類が無いので色々は試せて無いのですが、Cardasのキャップ良いと思います。RCAの端子はデジタルぐらい。樹脂製で電磁波吸収シートが貼られた物も試しましたが、イマイチで結局はCardas使っています(^^;)

XLO Brun-in CD

 Burn-in CDも色々と出ていますね。記事にしていませんが、XLO以外にもPurist Audio DesigとAyreを持っていて、専らAyreのCDを使っています。Ayreは準備体操という感じでしょうか。抜けが良くなって、低域のキレも良くなる感じです。最近になって、NordostのCDも購入したので、比べたら記事にしてみますね。

トルクマネージメント

 一度Nautilus802で体験させて頂きました。かなり良くなって驚きました。あれ以来、トルク管理をちゃんとしているって聞くと良さそう!って思ってしまいます(^^;)

Jorma Unity vs Nordost TYR2 スピーカーケーブル 比較レポ モカさん!

Unity

 以前にモカさんにTYR2お貸ししたときに、レポート頂いてました。スピーカーケーブルの比較レポートは貴重だと思うので、ありがたく掲載させて頂きました。
 機器とか試聴環境については、以前の記事をご参照下さいね。手持ちのJorma UnityとNordost TYR2を比較して頂きました。ちなみに、Jorma Unityが、 2mで52万円。Nordost TYR2が、2mで68万円と同じ価格帯です。

# Jomra Unity(ユニティ)

  • 表現が丁寧で自然
  • 温かみが感じられナチュラル
  • 情報量多く、低音もしっかり出てる
  • レンジも広く、空間も広い
  • 爽やかに、軽やかで抜けが良い
  • ゆったりリラックスして聴ける心地よさ

# Nordost TYR2(チュール2)

  • クールで鮮度感抜群すかっと爽快
  • 細くならずに薄くならない
  • SN良く無音際立つ静寂感
  • キレ味抜群シャープ
  • 解像度、透明度が高い
  • 押し出しが良く実体感も良い
  • 立ち上下がりのレスポンスが早い
  • ユニティと比べると腰高

 Unityはナチュラルで心地よさの反面、TYR2と比べると分解能とSNが劣ってモヤモヤベールがかる。ノードストの単線&空気絶縁が凄いのか鮮度感、解像度、実体感、高域の伸び、キレは劣る、質感はやや粗い、情報量はきっちりコントロール系でなく、どばっと出てくる感じ。

 オーディオ的性能では、ノードストが上回ってますが、家ではノードストは長時間聴いてると、疲れる感じでした。なにやらユニティは、ナチュラルでふわっと、温かみが感じられる聴き心地の良いケーブルの気がします。

…とのことでした。モカさん感謝です。あと記事にするの遅くなって、ごめんなさい(>_<) ちなみにモカさんは、この後にCDP変えられて、ケーブルもどんどん凄いことになっていますよ(^^)/

Crystal Cable Absolute Dream Power Cable 追加導入!? 記念 レビュー

 以前にもご紹介しましたが、Crystal Cable のトップモデル単結晶銀を中心導体に使用した Absolute Dream の電源ケーブルです。Crystal Cableは、オランダSiltechの兄弟会社です。海外のショップの方に伺ったら、「音の印象としてはCrystal Cableが写実的、Siltechがロマンティック」とのこと。海外のレビューではNordost Odinと比較されてのレビューもあり、実際に使ってみると、インコネも電源ケーブルもOdinに性能的にも価格的にも勝るとも劣らないレベルでした。国内の代理店ではインコネも含めて紹介されてないモデルですが、性能は抜群ですよ(^^)/ 気が付いたらレポートしていなかったので、追加購入記念に記事にしておきました。

Absolutedream_x2

<外観など>

 メーカーのイラストだと、内部構造は中心に導体のMonoCrystalSilver単線。周りを銀メッキの単結晶銅線と金メッキの単結晶銀線で2重にシールドされて います。シールドの銀メッキの単結晶銅導体でも十分立派だと思うので、やたらと豪華な構造ですね(^^;) 以前のモデルはSilver/Gold(おそらくsiltechと同じ?)でしたが、このモデルからMonoCrystalSilverが採用されています。独自路線かと思ったら、Siltechの新しいトップモデルもMonoCrystalSilver採用のようです。 見た目もきれいで華奢な感じですが、使った感触は柔らかい針金みたい。あと、先日導入したインコネも電源ケーブルも見た目一緒で、同じ構造のようです。

Crystal_cable_absolute_cross_sectio

 ちなみに写真の2本は2014年末にFedexで届いたCrystal Cable Absolute Dream Power Cable ダブル!?です。デモ品特価のオファーが来て思わず注文したら、その後にOdinダブル!?だったので色々大慌てで大変でした(>_<) おまけに送ったメールが迷惑フォルダに入っていたりで、何かと滞り発送はなんとクリスマスでした。でも、クリスマスなのに発送手続きしてくれたJayさんのおかげで年内に受け取れました。ホントに感謝です。

<音質レビュー>

 主に聴き比べたのは、今回の2本で無く初めに購入した1本。CablefanロメオさんからNordost Odin Power Cordもお借りしていたので、一番気になるOdinとも聴き比べさせて頂きました。いつも感謝です>ロメオさん! 主にDACやクリーン電源、プリアンプで比較試聴しています。

 見た目は華奢な感じですが、音は見かけと違ってアグレッシブで鮮烈。うちで普段使っている電源ケーブル達と比べても、明らかにこれは凄い!って感じるレベル。ただ、DACに繋ぐかプリアンプに繋ぐかでもアグレッシブ度合いは変わるので、機器の性格を強く出すのかも知れません。

 Odinとの比較でも、スピード感が速くキレが明らかにアップするのに驚きます。高域から最低域までレンジ全域で、音が揃って高速で音が自分に飛び込んでくる感じ。基本的に音は軽めになり、やや暖色で明るめ艶やか豊かな音色です。そして特徴的なのは明るさのピークが伸びること。強い光でも光のあて方をちゃんとすれば、 照らされた彫刻の彫りや陰がより深く濃くなるように、元々の音像さえちゃんとしていれば明暗のコントラストは強く表現されますね。(余談ですがStage3やTransparentは黒の沈み込みを増すような印象。場合によっては以前に試させて頂いたGRYPHONのようにべたっとしてしまうことも)

 解像度はOdinと比べても互角でトップクラスだと思います。Odinの方がS/Nと情報量が高く感じやすいと思いますが、AbsoluteDreamの方が音数が多く、システムのS/Nが上がれば情報量は上かも知れません。レンジの広さもトップクラスでOdinと同レベルだと思います。FMRのズバッとした最低域のインパクトとは違うのですが、全域で揃って音が早くキレるため低域までインパクトがありますね。

 左右の空間はOdinに比べやや狭い印象ですが、それでも十二分な広さで音数の多さから包み込んでくるような感覚があります。驚くべき事に前後感と定位はOdinより明らかに勝り、特に音像の実体感は強烈でボーカルが半歩前に迫ってきます。Absolute Dreamの音の印象は非常に鮮烈で、強力な音像と艶やかでカラフルな音色、驚異的なキレとスピードが相まって、非常に麻薬的な感じです。

<まとめ>
 価格的にもNordost Odinがライバルですが、電源ケーブルではインパクトはAbsoluteDreamが勝るように思いました。とは言えNordost Odinも音像と空間表現が共にハイレベルで、素晴らしい空間表現。一方で、AbsoluteDreamも同じように共にハイレベルですが、カラフルで強烈な音像が特徴。そして、Odinをも超えるスピードとキレが凄い。ロメオさんもTwitterで言われていましたが、Odinがぼけた音に聞こえてしまうレベル。その効力はかなり麻薬的で、もっともっと増やしてみたいと思ってしまう魅惑的な恐ろしいケーブルです。

 今回の追加で、AC3本、インコネ1本となりましたが、ここまでにしようかと思っています。カラフルな音色はWireWorldの様な派手さはなく上品な感じですが、行き過ぎるポイントがありそうです。そう考えると使いやすさとしてはNordost Odinが勝ると思いますが、AugLine Horus NEO +α ターミネーターインサートを性能的に引き離していませんでした。価格も考えるとAuglineの電源ケーブルは出色かと。ただ、AbsoluteDreamの明るさのピークを伸ばしてコントラストを高めるという性格は希有で素晴らしいと思っています。

Sarah Brightman(サラ・ブライトマン) おすすめCD 感動のヴォーチェ

 昨年末に行われた「SARAH BRIGHTMAN in concert with Orchestra」に行ってきました。1階席前方ブロック後方と席もまずまずで、堪能できました(^^)/ オーケストラをバックに歌いまくるサラ・ブライトマンはまさに圧巻。オペラ座の怪人とか競って声を出すので、最後は血管切れないか心配になっちゃうほど。アンコールも二回してくれて大満足。ホールの音響も良くて、CDよりノリノリでパワフルに可憐に歌い上げるサラに酔いしれて帰ってきました。
 以前にコンサート行った時も思ったんですが、サラは本当に歌うのが楽しそう。また、観客に自分のパフォーマンスで楽しんで貰いたいって気持ちが伝わってくる感じです。本当に素晴らしいコンサートでした!

 観ていて面白かったのは、前奏や間奏の部分ではノリノリでリズムを取っていても、歌う直前に腰から下にグッと力が入ってビシッと止まること。なんか空手とかで、板割りとかする前みたい。あと、オーディオ的に参考になったのは、サラの口の大きいこと。オペラ座の怪人のラストとか、マイク2本ぐらい余裕で咽まで入りそう。今まではオーディオ的に、少しコンパクトな口元を目指していましたが、もう少し緩めても良さそうです。

Sarah

 コンサートの勢いで、サラ・ブライトマンのCDを集めてみました。けっこう探しましたが、でも何枚か行方不明(^^;) コンサートの余韻に家でも浸ろうと思うと、感動のヴォーチェになりますね。以前に聴き比べた時は、音質的に特別感は無かったのですが、Amazonのレビューをみると高評価だったので、新たに買い直しました。すると…。


 けっこう好印象。比較すると以前にご紹介したThe Very Best of 1990-2000が、個人的に音質は勝るとは思うんですが、もう一枚を選ぶとすると、「感動のヴォーチェ」がお勧めだと思います。先にご紹介したCDと、「感動のヴォーチェ」はほとんど曲が被らないのと、日本で良く流れている曲が多く入っていて曲目的に良い感じです。音質的にも、SHM-CDという謳い文句に過度な期待をすると評価が厳しくなりますが、十分だと思いました。あと、Classic系がお好きなら、アヴェ・マリア~サラ・ブライトマン・クラシックス~もお勧めです。

ほかにも、おすすめのCDをいくつかご紹介していますので、こちらも見てみて下さいね。それ以外にもストアページで、おすすめCDをまとめてあります(^^)/

オーディオボード 妄想中。。。

 Kojoのクリーン電源の足下を妄想中。いつものオーグインシュ&トラバーチンで行こうと思っていたら、底板の強度が無いためかオーグインシュで受けると音がボワボワに(>_<) オーグインシュ追加で購入したのに。。。Scarlatti用に特注でお願いした大きなタイプをもっと作って貰っておけば良かったかなぁ。

 元々の足は大型でしっかりしている様なので、ボードを使おうかなぁと考えました。そんな訳で、行く年来る年を観ながらAudioAccessory誌の過去のボード特集記事を熟読。残念ながら除夜の鐘で煩悩は退散しませんでしたが、気になった製品を幾つかピックアップ出来ました(^^;)

Symposium ultra platform
 特集記事には載っていませんでしたが、我が家でMX-RとVX-Rにも使っているボード。ロングセラーだと思います。HPをみると5層構造みたいですね。気泡ゴムをアルミでサンドイッチしているそうです。以前にMX-Rとかで試した感じだと、低域は沈みレンジは拡大、解像度も上がるのに音の厚みはやや増す感じ。見た目と違って金属的な音もしないという万能な感じでした。
 もう一枚購入して試してみたいところだけど、円安だし大きくて重いから送料も高くて。日本だとパシフィックオーディオ扱いですが、サイズ的には19x16なのですが、特注で納期2ヶ月???

KRYNA Palette Board +Cu
 手持ちのKRYNA Orquestaが良かったので、後継機も良さそうと思って候補に。昨年発売の新鋭ボード。二枚のボードにインシュレーターを組み込んだ構造で、表面を漆で仕上げているのが特徴。レビューにとると3次元的な音場表現に優れるらしい。ショールームオリジナルの銅板入りモデルが良さそうな感じです。ただ、ノーマルモデルをコンコンした感じだと、上のボードは響きが思ったより軽い感じで、上のボードの厚さか材質がもう一つかなぁ?とも思いました。

AcousticRevive RST-38H
 マイナーチェンジ前も考えると、コレもロングセラーでしょうか。有名なアコリバのボード。細水晶の上に2cmのヒッコリーボードが載っている構造なので、音は良さそうですね。低域の沈み込みがどうかなぁ?というところでしょうか。ヒッコリーボードは見つけたのでコンコンしてみたら、思ったより重厚感のある音なので期待できるかな。特集記事にも、解像度が上がり、抜けが良くなってコクが増すという魅力的なコメントが載っていました。

WELL FLOAT ボード
 評判が非常に高いWELLFLOATシリーズ。逸品館やCES、TADからオリジナル?モデルが発売されています。フロート系は低域が出なくなるというイメージなんですが、これは違って劇的な効果らしい。ただ、ノーマルモデルをコンコンした感じだと天板がダメな感じですね。TADモデルはフィンランドバーチ仕様で良さそうですが、標準モデルと重さが変わってないので天板を特に厚くはしてないのかなぁ。

 とりあえず気になったのは、上記の4枚。試せるものを順次試していこうと思ってます。上記以外にもお勧めあったら、コメント下さいませm(_ _)m

Nordost Odin Supreme Reference Analog Interconnect 何度目!?

 配置換えの結果は、想像通りプリアンプ(REX II)から手前に居座ったAyre VX-Rにインコネが届かないという悪夢な結末でした。DACからプリアンプは、CrystalCableのAbsoluteDreamをメインで使っていて、 プリアンプからパワーアンプにはNorsost Odinを使っていました。しかも、バイアンプ(MX-R+VX+R)なんで2組ケーブルが必要。。。。

 初めは、プリアンプのコントロール部を下にしようかな?とも思ったんですが、想像すると見苦しい感じ。たぶんリモコンも効かなくなりそうです(>_<)

Odin2x

 そんな訳で上の写真のような結果となりました。何か同じような事を繰り返していますが、今回のOdinは1.5mです。さすがに新品で二組購入するパワーは無いので、色々と探してカナダのショップで3mのデモ品を発見。お店に、re-terminationをNordostに依頼できるか相談したら可能とのこと。でも、新しい一組がどんな状態か心配で確認したら、1.5m2組を新品と同じ状態で2組送るよ!との返信が。それなら!と思って、注文したら写真のような状態でした。シリアルも保証書も両方に付いていて、片方は7000番台、もう片方は9000番台。どうも、Nordostでre-terminationじゃなくて、exchangeして貰ったようです。感謝です>Angieさん!

 ロメオさんからお借りしたOdinも合わせると、インコネは新品1組とデモ品2組、中古2組、シリアル7000番台を3組、9000番台を2組試しました。長さは、1mを2組と1.5mを2組、2mを1組です。聴き比べた感じでは、長さの影響よりケーブルの取り回しの方が影響が大きい印象でした。また、あえて言えば9000番台の方が僅かにシャープで、7000番台の方が僅かにマイルドな印象ですが、ほとんど同じでした。バラツキや経年劣化もかなり押さえられている印象です。

機器の再配置。

 明けましておめでとうございます。お健やかに新春をお迎えのことと存じます。今年もよろしくお願いいたします。

 昨年末ですが、重い腰を上げて機器の再配置をしました。新しく来たREXIIが2筐体なので、どうしたものかと悩み仮設置だったのですが、(自分としては)ちょっと思い切った配置にしました。

Image_set

 REXIIが来る前は上の写真のような感じ。とりあえず、X-01を仕舞って、クロックを動かして横に並べて置いていました。その状態から、ラックを解体しながら機器をどけていきます。

Reset01

 上の写真は、上段のScarlattiをどけて、棚板を一枚外したところ。この段階で後悔しかけてますが、すでに後戻りは出来ません。。。

Reset_2

 なんとかパワーアンプもどけで、ラックとボードのみになりました。ここから養生テープでマーキングして、5cmラック全体を後ろに。スパイク受けを以前に特注した一回り大きいものに変更。

Reset_3

 機器を戻しながら、ラックを組み立てて行きます。上下にREXIIが並んで、見た目的には落ち着く感じになりました。けっこうグッタリしてきていますが、あと少しと言い聞かせて頑張りました(^^;)

Reset_4

 ScarlattiのTransportは、メカ部分が中心に来た方が良いだろうと思って、置き方を変えていました。中段の右はクロックなんですが、ケーブル届かなかったので後で左に動かしています。これで完成!という感じですが、Ayre VX-Rの姿が。。。

New

 なんとAyre VX-Rはラックに入らなかったので、前に出てきました!?リビングなので、かなり邪魔な感じですが、床置きの方が低域出そうだから良しとしています。ただ、ケーブルを繋いでみると想像通りの悪夢が。。。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo