フォト

このブログを検索!

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
  • HMVジャパン
  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の8件の記事

Siltech Queen interconnect

Siltech

 今回は、Siltech Royal SignatureシリーズのQueen Interconnectです。Siltechはオランダのハイエンドケーブルメーカーで、シルバー=ゴールドという「銀結晶の隙間に金原子を埋め込んでいる」という素材が特徴。ずっと気になっていましたが、今まで試す機会が無かったので思い切ってお願いしました。

 Queenは、Stelth Indraと同価格帯ですが、Slitechだと上から3番目のモデルです。写真の通り、電源ケーブルかと思うほどしっかりした作り。手持ちのStealth Indra(REVISION 08)やNordost Odinと比較しましたが、Indraが華奢に感じます(^^;)

 いつものように聴いてみると、空間は十分に広いが奥行き感は平面的に。立体感も甘いが、音像は空間から浮かび上がる感じで悪くないですね。情報量はOdinよりは一段落ちるものの、Indraよりやや上かも。ただ、Indraのように空間を満たすような感じはないく、Indraの演出が巧みなので解像感もIndraが上に感じますね。

 レンジは、高域は十分伸びますが、低域はIndraと比べても少し浅くなる印象です。音色は、少しモノトーンでクール。でも上品な煌めきがあるので暗くはならないですね。Indraもモノトーンですが、少し温度感が高く、艶やかで柔らかな感じ。力感はIndraより強く、音の立ち上がりの早さは十分。

 ゆったりと後を引くような演出と、高域の上品に煌めき魅力的で響きが非常に美しく、キャサリン・ジェンキンスなどはかなりはまりました。ジャズとかよりクラッシックとか女性ボーカル向きでしょうか。上位モデルも気になりますね(^^)/

Nordost Odin Supreme Reference Analog Interconnect 仮?レビュー

Odinxlr2

 Nordost Odin Interconnect良かったので、もう一組購入しちゃってました(^^;) 前回は初めてなので新品で購入しましたが、今回は中古で購入。シリアルは新品が9000番台、今度のは7000番台です。

 新品の方も半年たっており十分エージング出来ていると思いますが、聴き比べると微妙に差がありますね。中古の方は端子のケアも行いましたが、新品で購入した方が尖鋭感とかキレとかごく僅かですが良く、フレッシュな印象です。ただ、微妙な差を感じるとは言え、経年変化は少な状態は良く保っている&個体差も少ないという印象でした。

 ロメオさん一押しのTransparent opusは聴いたことがないのですが、方向性は違うと思うので私としては現時点でNO1ケーブルです。メインで使っているのでバイアスが入っているとは思いますが、音の傾向など感想をレポートしておきます。

 まず、レンジは最大限とも思えるほどに広大で、高域は麗しく低域はスパッと伸びます。全域でフラット、そして非常に早いのが特徴。リズム感も抜群です。音が早いためか音にエネルギーを感じるのですが、重さは感じません。空間も演出無しだと最大級とも思える広さですが、音像は全く緩みません。S/Nは優秀で解像度と情報量も非常に優秀なので、前段の情報量を出し切っている感じ。温度感はニュートラルですが、とても気品に満ちた音です。

 なんというか広大な空間全体から、自分に向けて光が降り注ぐようです。しかも、単波長のレーザーでなく、朝の日光をプリズムとレンズで集光したような光のイメージです。こう書くと手放しに良さそうですが、かなりじゃじゃ馬。今風に言うとツンデレ?

 欠点は、S/Nは優秀ですが上げる訳ではないこと。早さ(特に低域)を体感するのには、システムを選びそうなこと。レンジが広大で全域で音が早く、エネルギーが高いことがデメリットとなる(他の癖や演出を過度に目立たせる)可能性があることでしょうか。そして、一番の問題は複数使うとより良くなるので、増やしたくなって困るとこですね(^^;)

Celine Dion(セリーヌ・ディオン) おすすめ アルバム CD/SACD 紹介!

 当たり外れある中から高音質で内容のいいアルバムを随時ご紹介しています。なお個人的な理由で、歌がうまい女性ボーカルばかりです(^^;) シリーズ?第3回目は個人的に一押しなセリーヌにしました。全世界でシングル&アルバム総売り上げ2億枚を超えるという驚異的なセールスなので、CDもやたらと発売されていますね。自分は大部分のアルバムを購入していると思うんですが、コンピレーションも合わせると30枚位発売されている上にバージョン違いも多くて大変。amazonでみても何が何だかって感じだったので、おすすめアルバムを一覧にしておきました(^^)/

 ちなみに、2003-2007年にラスベガスで行われていたA New Dayというショーでセリーヌに圧倒され、この時の記憶は我が家でのオーディオ的な目標です。しばらくぶりにラスベガスでのショーがCaesars Palaceで再スタートして、2014年のコンサートは日本公演予定されていたので期待していたら。。。2014/08からご主人の看病のために長期休業となってしまいました。はやくご主人の病状回復して、元気な歌声を聴きたいですね!

 

 何かベスト盤的なものをお探しの方はこちらがお勧め。1999年に発売のベスト盤ですが、ほとんど半分は新曲というサービス精神に溢れたものでした。(試聴は公式サイトへ)「My Heart Will Go On」「Because You Loved Me」「Beauty and the Beast」という定番に加えて、フランクシナトラとのデュエットとかも収録されていて聴き応えたっぷり。北米の輸入盤が音質も良く、お勧めと思います(^^)/ 

 

 続いてオリジナルアルバムをご紹介していきますね。これは、グラミー賞最優秀アルバム賞などを受賞し全世界で3200万枚以上販売されたセリーヌ・ディオンの出世作。(試聴は公式サイトへ)1992年発売ですが、全く古さを感じさせないアルバムです。All the Way: a Decade of Songと重なりますが、これはK2HDマスタリングによるリマスタ版。日本版、輸入盤、SACDのベスト盤と聴き比べてみたのですが、確かに音質は良くなっていてSACDのベスト盤に近づいたような印象です。でも、発売は香港Sonyなので、どうせならSACDで出せば良いのに。。。と思ってしまいますね(^^; SACD発売されました!レビュー記事 書いていますので、よかったらチェックしてくださいね!(2016/04追記)
 ちなみに輸入盤は既に中古1円とかなので、そこまでは・・・と言う方には輸入盤もお勧めです!

 

 こちらのアルバムは、2002年発売された2年間の出産休暇から復帰作。(試聴は公式サイトへ)たっぶり充電されたエネルギーが溢れているような充実した内容で、1200万枚を超えるヒットとなっています。今聴いても古さは全く感じず、聴き出すとそのまま最後までつい聴いてしまうようなパワーがあるアルバムです。All the Way: a Decade of Songと重なりも無く、輸入盤は音質も良好でおすすめですね(^^)/

 

  これは、A New Dayの翌年に発売されたアルバム。(試聴は公式サイトへ)前年の大ヒットの陰に隠れた感じで、アルバムとしても軽量級なイメージです。ただ、それが逆に良くて意外とおすすめ!アップテンポで元気が出るような曲が揃っていて、アルバムも重くないので疲れた時とか聴くと前向きになれるような感じですよ!

 

 そして、2013年発売で当分は最新アルバムとなるLoved Me Back to Life。(試聴は公式サイトへ)かなりPOPでダンサブルなアルバムに仕上がっていて、タイタニックですり込まれたバラード中心というセリーヌのイメージだと、少し面食らうかも。ただ、セリーヌってコンサートとかで見るとお分かりだと思いますが、どっちかというとPOPでROCKな感じですよね。 
 アルバムとしては、前作(2007年発売)のTaking Chancesと同じ方向性だと思いますが、前作が力が入りすぎて前のめりぎみな印象だったのに比べて、少しリラックスした感じでいい案配に感じましたよ(^^)/

 

 今度はフランス語のアルバムを。これは2012年に発売されたアルバム。タイトルは待たないでって意味みたいです。自動翻訳で歌詞を訳してみると、家族への愛がテーマみたいですね。母語はフランス語(カナダケベック州出身)なためか、フランス語の語感のためかセリーヌの歌声もとても柔らかで、肌合いの良い感触です。(試聴は公式サイトへ)
 アルバムとしての完成度高く、音質的にも良く試聴して気に入ったら、是非アルバム聴いてみて下さいね(^^)/

 Sans Attendre: Deluxeを聴かれて、もっとフランス語で歌うセリーヌを聴きたい!と思ったら、こちらのアルバムがおすすめ。20007年に発売されたベスト盤。ダンサブルな曲からバラードまで2枚組の36曲というボリューム。ただ、詰め込みすぎで、アルバムとしての完成度は、Sans Attendre: Deluxeの方が良いかもですが、色々なセリーヌが聴けてこちらも面白いですよ!

 

 ほかにも、おすすめの女性ボーカルCDをいくつかご紹介していますので、こちらも見てみて下さいね。それ以外にもストアページで、おすすめCDをまとめてあります(^^)/

Crystal Cable Absolute Dream Power cord !?

Crystal_ad_ac

 実はインコネと共にCrystal Cable Absolute Dreamの電源ケーブルも購入していました!向こうのお店(NordostとCrystal Cable扱いあり)の話では、Absolute DreamはOdinと互角以上!?とのこと。そして電源ケーブルもインコネと同じく素晴らしい! さらに、インコネが手違いで遅れたので、新品をデモ品扱い特価にするよ!!!って言われて。。。気が付いたら届いてました!?? 冷静になると、自分が怖い。。。

 ちなみに以前に別のオランダのショップに聞いたところ、Absolute Dreamの方がOdinと比べて、「より自然で空間が広くボーカルが魅力的。解像度もスピードもOdinと同レベルで素晴らしい」そうです。逆にOdinは、「Absolute Dreamに比べてより締まる(tight)」と。ついでに、「Absolute Dreamを聴いたら、Stealth Indraが壊れているって思うよ」と言われました(^^;) ちゃんとアドバイスして頂いたので購入しようかと思ったんですが、このオランダのお店はカード使えず振り込みのみだったので断念。

 作りはインコネと一緒みたいで、曲げた感じは柔らな太い針金って感じ。プラグは定番?のフルテックですね。インコネはそれほど華奢という感じはありませんでしたが、さすがに電源ケーブルはプラグと比べてコード部分が華奢に感じます。とりあえず、クリーン電源に繋げてエージングしていますが、元々のStealth Dream digitalに比べて悪くなった感じは無さそうです。落ち着いたらレポしますね(^^)/

 その後に追加導入して、Nordosr Odinとも比べてレポートしています。宜しければ、ご覧になって下さいね!

arte テトラフロア

Arte

 ちょっと気になっていた、arte テトラフロアをたまたま中古を見かけて購入してみました。このシリーズは、中はスポンジのような構造なのか表面とか縁とか凹見やすいんですが、少し離れれば全く気にならないレベルでした(^^)/ ちなみに、うちの照明は電球色LEDなので、写真は少し電球の色がついています。アイボリーを購入しましたが、わりと白くて白い壁際に置いて気にならない感じでした。

 並んでいる三角の座布団みたいのは、いまはメーカー無くなった?のEighth Nerve コーナーRCです。気軽に使えて(天井から落ちてきても心配なし)便利でしたが、同じようなタイプでリプラスから出ていたSFCも販売終了みたいですね。

 コーナーRCと比較すると、テトラフロアかなり効きますね!明らかに中低域がスッキリして明瞭になります。低域は無駄がなくなって、量感は減りますが力感はアップした感じ。同じシリーズのピラミッドウォールも背部に一枚使用中なのですが、このシリーズは効きが強いですね。背面との隙間とか位置などのセッティングで、かなり変化します。

 おお!と思って色々と試したのですが、テトラフロアは我が家だとちょっと効き過ぎかなぁ。天井吹き抜けだったりでエアボリュームが多いからだと思いますが、60-70%ぐらいのminiサイズがあると調度良さそうです。メーカー作ってくれないかしら。。。ただ、置いても何だか分からないアイテムが多い中で、これだけ効くのは凄いですね。


ZenSati Seraphim

Seraphim


 前回と同じくCableFanのロメオさんのご厚意でZenSati Seraphim 試聴させて頂けることになり、ありがたく試させて頂きました。こんな凄いケーブルを本当に本当に感謝です。

 今回は写真のようにNordost Odinとガッチリ比較させて頂きましたが、これは本当に凄いケーブルでした。

 まず驚くのが音場の広さ。広さはOdinを上回りおそらくNo1だと思います。かなり積極的に空間を拡張する感じであり、当方の環境だとEnya(位相とか弄ってる?)では空間表現が不自然に感じる部分も。しかし、非常に多い音数、微細で柔らかい粒子感、音が満ちて包み込むような空間表現、僅かに後を引く麗しい余韻が非常に気持ち良かったです。

 レンジも広くOdinと比べて遜色なし。最低域のスピード感やキレはさすがにOdinに及びませんが、十分なスピード感でキレもあります。ただ、悪いと言うほどでは無いのですが、相対的に弱いのがS/N。そのS/Nと非常に多い音数のため、(オーバーに言うと)少しぼやけた感じになりFocus感や解像度が落ちてしまっています。と言ってもOdinとの比較であって、Indraレベルはクリアしていると思います。

 音場型の常として、音像の立体感とか実体感は希薄になりますが、ボーカルは少し前に出て肉感的であり悪くありません。温色は僅かに暖色、ニュートラルか少し明るめという感じでした。

 空間表現は演出も感じますが、Indraを少し暖色・明るめにして大幅にスケールアップしたような印象です。なんと言っても、Sarah BrightmanとかKatherine Jenkinsを聴いていると蕩けるような気持ちよさがあります。音場の拡大は少しやり過ぎな感じもあり、Indraの方が使い易いかもしれませんが、現時点で音場型としてNo1かも知れません。

Balance Audio Technology Rex II line preamplifier

 いま使っているBATのプリアンプですが、2008年に上位機種のREXが発売となり、2013年にREX Ⅱが発売となっています。コントロール部は今のプリ(VK-51se)と見た目はほぼ同じですが、電源?部が別にもう一台あり2台一組です。

Res_1254999245

 重ねると壮観(写真はREX)ですね(^^;) 大きさもですが、消費電力も250VA+220VAとホントにプリアンプ?というパワフルなアンプ。凄く気になっているのですが、日本の代理店はデモ機など無いようで残念な限り。。。
 まだREX Ⅱのレビューは見かけないのですが、REXはstereophile誌でもレビューされており高評価。また、REXからREX Ⅱにアップデートした感想がAudiogonのForumに載っていましたが、かなりの高評価ですね。BATファンとしてはとても気になります。思わずKojo Aray Mk2で120V供給!とか妄想しちゃいます(^^;)

Crystal Cable Absolute Dream interconnect

 手違いで遅れて届いたCrystal Cable Absolute Dream のインンコネ。今回はちゃんと、XLRが届きました(^^;) Crystal Cableは、オランダの高級ケーブルメーカーであるsiltechの兄弟ブランド。日本の代理店では、下位グレードのみしか扱ってないのですが、先日購入したCrystalFireが良かったので購入に踏み切りました!

 

Crystal_ad

 

 今回のAbsolute Dreamは、2012年に発売されたCrystal Cableのトップライン。SlitechやNordostのトップモデルと遜色ない価格帯です。レビューなども見ると凄そうなので期待大。見た目は写真の通り華奢できれいですが、イラストを見ると導体は太い単線。導体の材質は単結晶銀みたいで、曲げた感じも柔らかい針金みたい。コネクタはFURUTECHですね。

 いまエージング終わったかな?というところなので、落ち着いたらじっくりレポートしたいと思っています(^^)/

追記)参考リンク:TheAudioBeat  HiFi+

自分が参考にしたレビュー記事をご紹介しておきます。共にNordost Odinと比較されて互角の性能と紹介されていました。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo