フォト

このブログを検索!

  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の6件の記事

Fono Acustica Armonico XLR

Fonoaco

 以前にジャズ&オーディオ通信(from USA)で紹介されているのを見て、興味を持っていたのですが試す機会は今までなく。それが今回、CableFanのロメオさんのご厚意でFono Acustica Armonico XLR試聴させて頂けることになり、ありがたく試させて頂きました。

 ちなみに外観は流行の?木の箱が付いていて、ケーブルも太いのですが、軽くてしなやかに曲がるので取り回しは楽です。

 音の方は少し暖色で明るい響きがあり、聴いていて楽しいケーブルでした。ただ、S/Nがイマイチなのに明るく煌びやかに響くために、(うちのシステムとの相性もあると思いますが)基本性能を低下させていると感じました。

 基本的には音場系で、空間は素晴らしくOdinには劣りますが、Indraと互角以上の広さ。その一方で、音像も前に来て力感もあるのですが、やはりS/Nと響きから音像が少しぼける感じ。レンジはindraと比較しても優秀。基本的な解像度も悪くないと思うのですが、やはりS/Nと響きのために落ちてしまう印象です。スピード感も同様で、音の立ち上がりはIndraと互角で十二分と思うのですが、立ち下がりが伸びてキレが悪い印象で、リズム感を損なって感じました。

 こう書くとダメな子みたいですが、この広い空間と明るく煌びやかで力感のある音は、曲によっては麻薬的で。うちだと、Sarah Brightmanなどはかなり気持ちよかったです。

 ロメオさま、今回も大変貴重な経験をさせて頂きました。今回も本当に感謝です(^^)/

高音質 女性ボーカルおすすめCD Sarah Brightman(サラ・ブライトマン) 

 第二弾には、Sarah Brightman(サラ・ブライトマン)をご紹介することにしました。言うまでも無いですが、この人も非常に凄いです。アルバムとしては、Timeless (Time To Say Goodbyeのタイトル違い)が好きなのですが、ご紹介するならベスト盤をと思いこのCDを選びました。

 このCDは、2001年に発売されたベスト盤ですが日本では未発売です。アルバム的には、FlyTime To Say Goodbye(Timeless)EdenLa Lunaからの選曲かと。2006年に発売されたベスト盤(Diva: The Singles Collection)より、まとまっていて普通にアルバムとして楽しめると思います。

 音質的も素晴らしく、やたらと出ているSarah BrightmanのCDの中でも安心してお勧め出来る一枚。チェックCDとして使う時は、サラの声が麗しいか?空間を満たすように音が広がるか?というところを気にして聴いています。ただ、このCDをチェックとして使う時は、たいがい導入の是非を決める最終段階。このCDを聴いて、理屈抜きに気持ちよく思わず寝ちゃいそうになれなければ、オーディオ的な要素が良くてもNGにしています。

ちなみに、感動のヴォーチェも購入しましたが、SHM-CDという謳い文句と反して音質的にはイマイチ。 (SHM-CDという謳い文句に期待しすぎると…という感じですが、最近もう一枚購入して聴いたら十分な感じでした)同じ日本版で比べてもDivaの方が音質的に良かったので、Sarah Brightmanのサンプラーとしてなら、Diva: The Singles Collectionの方が良いかと思います。ただ、曲目をみると感動のヴォーチェ買わなきゃダメですね(^^;)

 ほかにも、おすすめの女性ボーカルCDをいくつかご紹介していますので、こちらも見てみて下さいね。それ以外にもストアページで、おすすめCDをまとめてあります(^^)/

久々のオフ会。Sciroccoさん邸!

Scirocco

 SPケーブルのご相談を頂いたのが縁で、Sciroccoさん邸にお招き頂きました。システムの方は、

 C1にネットワークボードを挿して、NASから再生。ブラックのMX-Rといい写真の通り、スッキリときれいにまとめられていました。うちも見習いたい(^^;) 802SDの足下は、うちでも使っているCerabaseに変えられていました。電源ケーブルは全てAuglineの+α、インコネもAuglineのHorus+αです。SPケーブルも先ほどNordost ValhallaからAugline Isisに変更され、フルAuglineという状態です。インコネの試聴の結果から、ターミネーターはあえて付けなかったとのこと。

 ValhallaからIsisに変えて怒濤のように音が溢れて、初めは困惑したそうです。元々内振りにしていたスピーカーを平行セッティングに変え昨日までセッティングを詰めて、やっと納得できるところまで来たとのこと。

 さっそくCDをリッピング頂きじっくり聞かせて頂くと。。。おお!なかなかに気持ちよい音です。機器だけからもっと厳しい音を想像しておりましたが、良い意味で裏切られ嬉しい誤算。なんでもオーディオは3度目のマイブームで、以前はアナログもされていたとのこと。なるほど、という感じです。

 空間の広さと空間に音が満ちる感じが気持ちよく、低域の量感もちょうど良い感じ。スピード感とほのかな響きのバランスも良い案配と思いました。以前に聴いたピアノブラックより響きが心地よく、802はノーズナットの方が個人的に好みみたいです。

 後半は当方が持参した、ターミネーターのSPジャンパーIsis junior NEO+αを試してみました。まず、SPジャンパーにすると、foucsが合うためか全体に音が被っていた感じが取れて、解像度・情報量があがり深みがでてボーカルの実体感が増す感じに。これなら、途中参加されていたお友達の方が指摘された、実体感と音像の大きさもクリアかも?Sciroccさんもボーナス前に余計なものを聴いてしまったと頭を抱えていました(^^;)

 続いてフルIsisから、Isis junior NEO+αに変更。すると、スピード感は増してキレも良くなる感じ。中高域の質感も上質でボーカルの表現力は高まりますね。一方で、低域の量感も少し減退し、何よりIsisiに感じた怒濤のように音が出る感じが減退して残念な感じ。Sciroccoさんも仰っていましたが、Isis junior NEO+αならもう少し内振りセッティングにすると、空間定位とかビシッとしてIsisとは違う凄さも出せるように思いました。

 個人的に興味を持っていたフルIsisとIsis junior NEO+αですが、車で例えるとフルIsisがフェラーリでIsis junior NEO+αがポルシェでしょうか。実は、低域をIsis+α&中高域にIsis junior NEO+αを2本使用(バイワイヤ)にしようかとも思っていたのですが、スピード感の違いを考えると難しそう。Isisが怒濤のように音が出るからキレが落ちるのかも?とも思いますが。。。ちなみに、このシステムに合わすとすれば、やはりIsisの方が重厚感とか迫力があって良い感じでした!

 Sciroccoさん、今回は長々お邪魔させて頂き有り難うございました。オーディオ談義も楽しかったです。うちもセッティングとかやる気が出ました。セッティング&部屋の掃除を頑張りますので、落ち着いたらおいで下さいね(^^)/

Stealth Indra interconnect (REVISION 08)

Indras_2

このStealth Indraは、2008年3月末に新品で購入しました。音質など色々と質問していたら、デモ品価格にするから自分で確かめてと言われて、清水の舞台から飛び降りたのを覚えています。当初はチタン版とか開発進行中みたいな感じでしたが、ちょうど購入したタイミングでREVISION 08(現在はV10が最新)になっていました。

6年にわたり我が家のシステムの中心でしたが、振り返ったら購入の報告も単体でのレポートもしていませんでした。今はOdinに今はその座を明け渡し、たぶん今後は取り上げることは無くなると思うので、敬意を表して改めてレビューしておきます。

特徴はフワッとした柔らかな音が空間に満ちる感じだと思います。この感触が好きかどうかで評価が変わると思うのですが、私は大好き。OdinやHorus NEOと比べると立体感は、やや後退しますが、空間は積極的に広げるタイプで最新のValhalla2とほぼ互角。高域の抜け感はValhalla2が勝りますが、低域の沈み込みは負けていない感じ。スピード感やキレは、
さすがにValhalla2/ODINと比べると遅く感じますが、十分に保っておりリズム感も意外と良好。情報量はValhalla2/ODINと比べると少なく感じますが、うまく演出されており解像感はあります。S/N感も優秀。ボーカルの実体感も良くて、Valhalla2より個人的には好みですでした。

現在はSakraがありますが、長らくStealthの最上位に君臨していただけで無く、高性能ケーブルの先駆けとして一時代を築いた感じがあります。手に入れた当初は、基本性能の高さが売りと思っていましたが、OdinやHorus NEOを聴くと良くも悪くも演出を感じました。私の印象としては、再弱音を僅かに削って細かい響きを載せていると思います。こういう演出は普通だとダメだと思いますが、基本のパフォーマンス自体が素晴らしく演出も非常に巧みなためOdinなどと聴き比べないと分からないレベルなので、問題なし。この演出によって、解像感や情報量、S/N感など、システムの状態を選ばずに一定のパフォーマンスを発揮し、どこで聴いてもIndraぽい音(フワッとした柔らかな音が空間に満ちる感じ)がするのかと。Indra特有の繊細で フワッと広がる感じが好きなら手放しがたいケーブルだと思います。

高音質 女性ボーカルお勧めCD   美空ひばり その1

 システムの少し落ち着いて来たので、CDを色々と聴き直せるようになりました。私は専ら女性ボーカルものを聴いているのですが、オーディオ世界ではニッチなジャンル?JAZZやClassicと比べて、ソフト紹介も少ないようです。そこで、歌が上手くて聴きいる&音質が良いお気に入りのCD(SACD)をご紹介していこうと思いました。手持ちのソフトをみて思ったのですが、(Whisper Voiceも良いと思いますが)声が伸びやかで情感に溢れる歌い手が多い感じす。

 また、日本の歌はもっとオーディオ的に取り上げられても良いと思うのですが、歌謡曲・演歌系で高音質ソフト紹介はほぼ見かけません。しかも、踏み入れてみるとベスト版とかやたらと多いのに音質に配慮されていないCDが多く地雷多数な世界でした。そんな訳で、記念?すべき第一弾は、「美空ひばり」です。説明不要だと思いますが、とにかく神がかり的に歌が上手い!

 ただ、残念なことに美空ひばりのCDでさえも音質は玉石混淆。最近でもベスト盤やら何やら順列組み合わせでCD出ていて色々と購入したのですが、結局このCDが一番(昭和初期の録音はアレですが)でした。ステレオサウンドの「愛燦々」と「川の流れのように」のCD-Rとも比べましたが、変に音源が弄られて無く高音質なのを再確認。

 システムが良くなってくると、どんどん「美空ひばり」が上手く歌うようになって凄みが増すんですよね。そんな訳で、うちではこのCDの「川の流れのように」を一番チェックで使っています。他に「愛燦々」も「真っ赤な太陽」も良く聴きいています。

昭和初期の録音は、おそらく当時の原盤が痛んでいてノイズと揺れがあって音質としては微妙だしベスト50(3枚組)って気軽にお勧めするには心苦しいのですが、購入する 価値はあると思いますよ。

 もっと気軽にお勧め出来るCDは無いかと、ベスト盤的なCDを色々と購入して見つけたのが、このCDです。こちらのCDは軽く今風の音だと思いますが、ボーカルの表情はちゃんと保っており十分に高音質だと思います。しかも、同じベスト盤なのにベスト50と1/3は重なっていないというのも凄いですね。あと、前期ベストと2枚組の豪華盤も出ています。

Transparent Reference XL Digital

Xl
 と言う訳で、Transparent Reference XL Digitalです。少し真面目すぎるかとも思ったんですが、基本性能の高さに惹かれて選択。真面目なEsotericメカのTransportにはちょうど良いかなぁ?と。RCAが基本ですが、端子はBNCも選べました。太くて見た目より曲がらず、端子部分とか強情な感じです(^^;)
 落ち着いたら改めて、レビューしますね(^^)/

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo