フォト

このブログを検索!

音楽ショップ

  • HMV検索
    検索する

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« dCS Scarlatti Transport & DAC & Clock vs Esoteric X-01 ver.up D2 | トップページ | ケーブルなどの評価について。 »

YG ACOUSTICS SONJA 1.2 vs B&W Nautilus802 比較レビュー

 X-01 で久々に音楽をたっぷりと聴いて、記憶の中(物理的にはコレを書いている斜め後ろに控えていて、我が家での存在感は思いっきりあります)のB&W Nautilus802とYG Sonja 1.2を脳内比較試聴をしてみました。

 

システム構成は

で変化無く、基本的なケーブル類も変わっていません。あと、この後にN802も再稼働させたので、印象など追記しています。

 

Sonja_2

 

# YG ACOUSTICS SONJA 1.2

 

【仕様・外観など】
 密閉型の3ウェイ・4スピーカー。創業者の奥さんの名前が付けられた10周年記念モデル。ラインナップにはウーハーがもう一つ追加されたSonja1.3とウーハーが無いSonja1.1があります。ちなみにSonja1.2で高さ1285mmで146kgと結構なサイズなので、Sonja1.3の1775mmで229kgはかなり設置環境を選びそうです。

ボディも厚いアルミ合金ですが、ミッドレンジとウーハーもアルミ合金削り出しで、ソフトツイターはミッドレンジとウーハーのエッジと同じ材質だそうです。なおソフトツイーターであれば端から振動板まで同じ材質に出来るが、ダイヤモンドなどのツイーターにすると接合部にゴムなどの異素材が必要で、これが歪みにつながると言う考えからソフトツイーター を採用したそうです。

 色はシルバーも選べるようですが、黒が標準。ガンダムの足みたいだったANATをポルシェデザインが磨いて、見た目も艶やかで洗練されました。奥行きは少々大きくなりますが、Nautilus802と設置サイズはそれ程変わらず。ツイーターの位置はむしろ802より低い位置なので、B&W 800か802が置ける環境なら大丈夫そうです。

 

【サウンド】
 Ayre VX-RとMX-Rのバイアンプで鳴らしている部分もあると思いますが、高域から低域まで音の立ち上がり&立ち下がりとも非常に早く揃っており、高域から 低域まで非常に音がハイスピードでキレる感じ。ただ、低域はハイスピードすぎて、量感を出すタイプではありません。上下左右の空間は当たり前のように広い ですが、奥行きの表現力が高いと思います。解像度も非常に高いのに、ソフトツイーターのためかキツさを感じません。

 そのためか音が全域で非常に揃う感じを強く感じます。感覚的には非常にワイドレンジでフラットなフルレンジスピーカーという感じでしょうか。 B&Wと同じで艶や響きなどの個性は出さずに、忠実に音を出すスピーカーです。それも極限まで。癖というか特徴を挙げろと言われれば、非常に音が細かく、 高域から低域までハイスピードで音色も揃っており、そのために非常に滑らかに感じます。音像か音場かだと音場型だと思いますが、ディテールを突き詰めるこ とによって音像の迫力も表現できると思います。「細部に神は宿る」という精神のスピーカーだと思います。

 

# B&W Nautilus802

 

【仕様・外観など】
 こちらは、3ウェイ・4スピーカーのバスレフ型で、足下にバスレフポートがあります。高さは1106mmで重さは70kgで、Sonja1.2と比べて軽いことは軽いですが、横幅もありサイズ感は同じくらい。見た目は好き好きあると思いますが、うちのレッドチェリーは深みがある良い色で、ちょんまげも愛らしい出で立ちです。遙かに昔に、Stereo Sound誌(当時は掲載されている値段を見てギャグ雑誌だと思っていた・・・)のC/Pが高いとのコメントを見て、車みたいな値段なのにC/Pが高い!?と本屋で驚いたのを覚えています。まさか家に来るとは夢にも思わず。我が家のは後期型で後ろにつなぎ目が無いタイプで、後ろ姿も艶やか。ただし、標準はあからさまに音が悪そうなキャスター付きなので、スパイクCerabaseに変えないとダメですね。

 現行の802SDなど違って、アンプの駆動力を要求するタイプだと思います。802Dと比べてウーハーをちゃんと動かすにはパワーが必要でした。ただ、動かしにくい分は止まりやすいので、動かせればキレは得られると思います。ポテンシャルは大きく上流とアンプによって、かなりの所まで表現力を上げていくスピーカーだと思いました。

 

【サウンド】
 Ayre VX-R & MX-Rのバイアンプ体勢で鳴らして、中高域の解像度やスピード、空間表現はかなりのところまで表現出来たと思います。どうしても低域の早さは限界があるのですが、重く量感のある低域は出せると思うので、クラッシックにはむしろ良いのかも。

 高域は解像度を上げていくとキツさが出やすい感じがありますが、セッティングやアクセサリーで調整可能でした。音色や温度感はニュートラルで、濃い音像とか艶や色気を乗せるタイプではありません。しかし、Sonjaに比べると肌合いのいい優しく柔らかで暖かみのある音で、絶対的な解像度こそSonjaに及びませんが、聴いていてリラックス出来る愛らしいスピーカーです。

 基本的には高解像度で空間表現に優れ、あくまで前段の個性に忠実な音を出すタイプだと思います。Avalonの上級機ほどの空間定位や解像度は無いと思いますが、比べると音像も出るので(アンプの能力が必要な点を除くと)使いやすいスピーカーだと思います。

« dCS Scarlatti Transport & DAC & Clock vs Esoteric X-01 ver.up D2 | トップページ | ケーブルなどの評価について。 »

オーディオ機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188836/58732597

この記事へのトラックバック一覧です: YG ACOUSTICS SONJA 1.2 vs B&W Nautilus802 比較レビュー:

« dCS Scarlatti Transport & DAC & Clock vs Esoteric X-01 ver.up D2 | トップページ | ケーブルなどの評価について。 »

Rakuten 広告

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、今から入手を考える場合はヤフオク!も含めて焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo

Google 広告