フォト

このブログを検索!

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
  • HMVジャパン
  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の7件の記事

暗騒音対策 その2

 リビングは20cm径の換気口なのですが、そもそも20cm径の換気口は普通の換気口を探してもあまり種類が無い様子。もちろん内部に挿入するサイレンサーや室内の防音タイプ換気口は見つかりませんでした。

 以前にマンションで道路の騒音が問題になって、室外の換気口の変更・対策はOKになってましたので、室外の換気口を交換することに。20cm径がネックで自分が探した中では2択かな?その中で良さそうなシルファーさんは小売りもして下さるようなので、早速問い合わせて防音タイプの換気口を購入してみました。開口部の広いものと狭いものがあるんですが、健康を考えると換気量も維持したいので開口部の広いBON-2を購入。HPにある写真イマイチですが、暗めのメタリックでHPの写真より実物は級感有りますよ。

 注文して振り込んだらすぐに届いたので、さっそくホームセンターでコーキング剤を買ってきて交換に挑戦しました。まず、カッターで元の換気口と外壁のつなぎ目を止めてあるコーキング剤に切れ目をいれて、古い換気口を外しました。新しい換気口を差し込んで、コーキング剤で壁と換気口の隙間を埋めたんですが、思った以上にキレイにコーキング剤を塗るのが難しくイマイチな出来上がりでした(>_<)

Bon2s

 さて、SongBrirdさんからお借りしているPHONIC PAA3で測定してみました。補正なしの音圧(騒音レベルに非ず)だと、

  • 室外:68-75db
  • 室内の換気口付近:60-65db -> 58-65db

 思ったほど変わらない??? でも体感的には音は一段階小さくなって感じますが…。調べてみると音圧と騒音レベルは別物で耳の感度(人の耳は3-5kHzが感度が良くて、100Hz以下とかはかなり感度落ちる)で補正した物が騒音レベルだそうです。

 変更前の騒音レベル測定をし損ねてしまいましたが、周波数みていみると100Hz以下はあまり変わってないですが、それ以上ではかなり音圧レベルが小さくなっており騒音レベルとしては小さくなったようです。とは言っても換気口を閉めても、やはり音は漏れ聞こえますね。そんなわけで、第二弾が進行中。週末に届く予定なので、届いたらご報告しますね。

暗騒音対策。

 Songbirdさんから、音圧計をおかりして音楽再生時の音量、暗騒音を計ってみました。

 普段の音量だと再生時の音量(音圧レベル)は、静かめなキャサリンジェンキンスで65-75db、セリーヌで70-80dbって感じでした。オフ会で人が多いときは、もう少し音量を上げるときがあるかもですが、自分が心地よいと感じる音量は70-80dbみたいです。

 家は郊外のマンションで通りに面していることもあって暗騒音も小さくなく、雨の日の夕方で55-60db。自分が主に聴くのは夜中ですが、それでも45-50dbとか。ピークの音量を上げようとは思えませんが、暗騒音を低くするのは必要と思って対策を考えました。

 まずは気になっていた換気口。改めてチェックしても、換気口からの入り込んでくる音が大きい感じ。二重窓も考えたのですが、現状では換気口からの音が中心みたいなので、まずは換気口の対策が必要そうです。色々と探してみたら、

 防音タイプの換気口や内部に挿入するサイレンサーが何社からか出ているようです。他にも、パナソニックから防音の換気口や壁コンセントBOXが出てるみたい。マンションだと外壁の換気口を変える場合は制約があると思いますが、家は防音タイプに変えることは認められていたような。入手可能かも含めて、ちょっと調べてみます。

 他には?と思って室内をウロウロしたら、冷蔵庫が少々唸っているみたい。まだ手出ししてないんですが、fo.Qでも使ってみようかしら。それかSP用に購入したCerabaseを冷蔵庫に投入!???

<2010.07.26追記>
 イマイチ理解してなかったのですが、ここでの音量は純粋な音圧レベルであって、騒音レベル(人の耳の感度で補正した値)でありませんでした。我が家の暗騒音は、周波数をみると低域成分が多く、音圧レベルより騒音レベルでは低い値になるようです。

Siltech LS-110 classic Mk2

 Siltechはオランダの高級ケーブルメーカー。銀に金を含ませた!?導体とか言ってるメーカーです。話には聞くけど聴いたことは有りませんでした。ちょうど、Nさんから聴いてみてと声をかえて頂いたので喜んで聴かせて頂くことに。

Ls110mk2

 お借りしたのはSiltech LS-110 Mk2です。これも十分お高いケーブルですが、Siltechのラインナップの中では中の下ぐらい?恐ろしいメーカーです。別件で、金と銀の超微粒子を特殊配合した金属ナノコロイドを含浸させたというナノテックシステムズのG.S. #79 nano3(赤シース)もお借りできたので、同時に試してみました。

#G.S. #79 nano3
 オーディオ誌的には、「空間広めで中域重視のマイルドな音調、ボーカルの質感が良好」って感じでしょうか?
 歯に衣着せずに言えば、中域がアップするのではなく高域と低域が出なくなっただけ。全体に情報量もかなり低下。空間は広がるというより、定位がはっきりしなくなってボケてる感じ。まあボーカルだけは悪くないけど…。ちょっと期待して聴いただけに残念な感じでした。

#LS-110 classic Mk2
 こちらも中域重視で音の傾向は似てますね。違うのは他が凹んだ訳じゃなく中域がアップしている感じ。情報量や定位とかnano3とは別次元。元々のStereovoxと比べると、情報量や定位の感じはほぼ同じ~若干甘め程度。高域の伸びは若干不足しているようですが、つまる感じは受けません。あと、スピード感もやや落ちて感じるかな。
 しかし、艶やかで軽く響きがのる中域重視の音調は聴いていて気持ちいいです。昔のハイエンドケーブルって感じでしょうか?音作りは巧みな感じで、女性ボーカル物にはかなり向くのでは無いかと思いました。上位モデルとか聴いてみたくなりますね~

Cerabase Special Version B&W

Cerabasebw2

 決済に手間取りましたが、向こうで発送されてから中1日でイギリスから届きました! 某MLの企画がこけたので以前にもCerabaseとかVentのポールとかでお世話になったショップに相談。あんまりCerabaseをスピーカーに使っている人を知らなかったので、担当のStephenさんに色々と聞いてみました。何回かのやり取りを要約すると、

 Cerabaseを自宅で使っているスピーカー(現:Peak Consult Zoltans、旧:Avalon Eidolons)に入れているけど非常に良いよ。サウンドステージが良くなって、低域が締まってキレも良くなった。CDPよりスピーカーの方が効果大きいと思う。ただ、B&Wのスピーカーはツイーターがキラキラしてるから、余計に目立つようになるかもね。もし気に入らなかったら、何か(同じかより高い物)と交換も可能だよ。

 自分は家のN802で高域がきついと感じたことは無いので、購入に踏み切りました。ちなみに、StephenさんはB&Wのツイーターの癖が嫌いでお店で扱ってないそうです。イギリスのショップなのに…。

Cerabasebw

 イマイチ分からなかった構造です。スピーカーにネジ止めして固定する部品と台座は接合部がネジになってました。カーペットならともかく、フローリングの床にセッティングして置いたら動かしにくそうです(^_^;)

802 Diamond piano black

802sd_b

 今度は802 Diamondのピアノブラック聴いてきました。比較は802Dのローズナット。仕上げの差かバージョンアップの為か、802Dと比べると802Diamondは解像度や定位感などかなり良くなっているように感じました。特に定位感は先日お邪魔して聴いた親玉(Nautilus)を彷彿とさせるものがありました。

 気になっていた音の方向性というか音色はそれほど違わない印象です。暖色or寒色という違いは感じませんが、あえて言えば802Diamondは(ピアノブラックな為?か)やや厳しい音で中域は若干薄いようにも感じました。でも聴き比べちゃうと自分なら802Diamondですね。まあ、もともと802D出るの知っていてNautilus802購入してるので、802Dの評価はどうしても辛めになっちゃうのかも。

802&805 Diamond

802_805

 ちょっと順番が前後するのですが、気になったので802Diamond再び聴いて来ました。ピアノブラックも興味有ったので、805Diamondも同時に聴かせて頂きました。私の聴くジャンルなら805でも良いかと思ったんですが、802と805じゃあスケール感とか別物…。うちもダウンサイジング出来るかと思ったんですがダメでした。じゃあ、いっそのこと800!?という気もするんですが、カタログ見ると800のデザインがあんまり好みじゃないんですよね。

 気になっていたローズナットとピアノブラックですが、ピアノブラック(805)の方が音が締まって高解像度よりかも。ローズナット(802)の方が若干響く感じで聴きやすい感じもしましたが、802と805の差かも知れません。

オフ会。

 6月末はまともに寝られないほど忙しくて更新できませんでした。その合間をぬってオフ会です。なんでも、ハンコックさんにK氏から我が家に行ってみたいと連絡あったとか。ちょっと光栄。前からお約束していたオフ会もあったので、まとめて開催としました。

 先日のオフ会の時は音像大きくてfocus甘かったので、少しSPのセッティングを弄って改善させたつもりでしたがどうでしたでしょ???7050Tの強化も間に合って、少しはマシになってるかなぁと思っていましたが、なんか当日は感想を聞き忘れちゃいました。流れとしては、いつものように一通り聴いて頂いて、Nさんからお借りしたケーブルを試すことに。

 まず、SPケーブルのSiltech LS-110Mk2から。いらっしゃった皆さんの感想だと、StereovoxからSiltechに変えると、中域重視、やや響きの多め、聴きやすい魅力的な音色という意見だったような。一方で、解像度とかレンジはStereovox優勢という感想も。オフ会の前にじっくり聞いているので自分の感想は次回にまとめますね。

 ついで電源ケーブルの比較に。DA-7050TのBMI OceanStatementをOyaideのBLACK MAMBA-αに変更。これはちょっと比べるのが可哀想だったかも…。それならばと同じような価格帯のAudience PowerCord e ver.に変更。皆さん全体的にこちらの方が好印象だったようです。最後に再びBMI OceanStatementに戻しました。「確かに違うけど、そんなには変わらない。でも違う…。」とはK氏の弁。やはりAudience PowerCordは、なかなか優等生のようです。一方でBMI OceanStatementは価格(Audience PowerCordの7-10倍!?)ほど違わないというかC/Pは良くないかも。でも聴くと戻れません(^_^;)

 最後にクロックケーブルの比較を簡単に。JORMA DIGITALだと音が締まって実体感upの方向、Nordost Valhalla Digitalだと音がフワッと広がって伸びやか高解像度な感じに。電源ケーブルで音が変わるのも謎ですが、クロックのケーブル(G-03x to X-01)で音が変わるのも謎々です。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo