フォト

このブログを検索!

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
  • HMVジャパン
  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の12件の記事

オーグライン Isis ジャンパーケーブル

 以前にIsisをお借りしたときにIsisのジャンパーケーブル有れば試してみたいなぁと思っていたら、まだラインナップには載せていないけど既に完成しているとのこと。Isisのジャンパーと聞いたら聴かずにはおれません!思わずお借りしちゃいました。

Isis

 なんか存在感からして違いますね。パッと聴いた感じでも良さそうだったんですが、はやる気持ちを抑え、じっくりエージングしてから試聴してみました。

 青いオーグラインと比べると解像度は良くなり低域も沈み込みます。Stereovoxと比べると中高域の解像度は同等で低域はIsis優位でしょうか。空間もStereovoxほどじゃ無さそうですが広がる感じです。
 そして青いオーグラインに比べても、ボーカルの実体感や力感などは明らかに良くなります。濃いと言うより生々しくなるという感じで、綾戸知恵のLiveが非常に魅力的になるだけでなく、拡散系が得意なキャサリンジェンキンスやサラでもIsisの方が明らかに魅力的です。

 これは聴いたらもう外せませんね。今までの試作?デモ?品も試聴に出したら、そのまま嫁入りしてるというのも納得です。さすがIsisというか最後に取りを飾るのは、やっぱりオーグラインでした。まだIsisジャンパーのお値段も聞いてません(というか怖くて聞けてません)が、これを導入すればケーブルはアガリのような気がします。次にケーブルを考えるのは、オーグラインの新作が出たときでしょうか。とりあえず怒濤のケーブルラッシュは、やっと一段落です(^^;)

SP ジャンパーケーブル

 今使っているStereovoxのSPケーブルがバイワイヤじゃない(Stereoboxはバイワイヤよりシングルを推奨しており、バイヤイヤケーブル無かった)ので、ジャンパーケーブルを使ってます。ジャンパーケーブルは賛否有ると思いますが、ここで拡散系(Stereovox JC-600)にするか密度系(オーグライン)を入れるかで調整可能なので重宝していました。

 有名なKimber Select KS-9038も一時期入手したんですが、オーグラインのジャンパーケーブル(両端Yラグ仕様)に負けて早々に処分してます。その後にSPケーブルが良かったので、円高になった時にStereovox LSP-600と同じリファレンスシリーズのJC-600を購入し今に至ってました。Stereovoxのジャンパー購入したのそれほど昔じゃないと思うんですが、なんか記事にするので見てみたら、StereovoxからStereolabに名前が変わったみたいですね。ついでに値段も上がってリファレンスのSPケーブルは、18000ドル/1.5mみたい‥。

 購入して落ち着いちゃうと記事化しないまま忘れちゃったりするんですが、昔のメモを元に傾向を記載しておきます。

オーグライン SP ジャンパーケーブル(両端Yラグ仕様)

 Yラグは無垢オーグの切り出しで、片方バナナプラグにするより音質的に有利だそうです。KS-9038と比べると空間の広さは一歩劣る感じでしたが、全体的な解像度は同じぐらい。ボーカルの密度感とか艶感は圧倒的にオーグラインでした。あとKS-9038は高域の癖が気になり出すと気になりますね。

Aug

Stereovox JC-600

 基本バナナでYラグにするアタッチメントが付いてきます。見た目はLSP-600の先端部分とプラグも線も同じ感じ。オーグラインに比べると、空間が広がって若干解像度は上がるような印象でした。ただ密度感とか艶感は後退して良くも悪くもアッサリした感じに。KS-9038で気になったような高域の癖は無くスムーズです。

Jc600

パチおかわり!?

 隣の部屋から長いケーブルでタップにつないで、そこからパワーアンプに繋いでます。全てを同じ所から取るのに比べると、鳴りっぷりが全然違ったんですよ。そんなわけで、隣の部屋からは長いケーブルがタップまで伸びてます。

 使っていたのはクリーン電源で有名な中村製作所のオリジナルAC。以前に試聴したときに素直でC/Pが良かったので、特注で長いケールを作って貰ったのでした。もはや過去形なのでお分かりと思いますが、気がついたら長さを測り直してパチおかわりしちゃってました。パチは怪しさ満点なんですが、まあ有名なメーカーのケーブルが欲しい訳じゃなくて、気に入った音のケーブルが欲しいだけなので自分的にはOKです。見た目も悪くないですし。ちなみに、今度のは気を失って3日後に香港から届きました。恐ろしい世の中です(^^;)

Ac

 これで電源ケーブルは元々使っているStealth Dream 2本と合わせてアガリになったように思います。というかケーブルはアガリにしたいと思っていたら‥。 まだ終わりじゃないの???

 

(一緒に写っているパチについては、他の電源ケーブルと比較レポしています。補足もあるので良かったらチェック下さいね!)

ROSEWOOD COMPONENT ISOLATION SYSTEM

 ケーブルネタの間隙を縫ってインシュレーターです。今回のネタはDeaaudioのオリジナルインシュレーターで巷の評判も高く気になっていた一品。実はCerabaseの802専用SPインシュが気になって連絡を取ったときに、試聴させて頂けることになりました。

 ちなみに、802専用Cerabaseはスパイクの解像度を維持したまま音を太くしっかりさせたい場合に有効なのでは?との事でした。最近のおかしなテンションだと思わず購入しちゃいそうでしたが、とりあえず802専用Cerabaseは先送りに。マランツとアクシスに問い合わ済みですが、Nautilus802でもSP付属のネジを使用すれば問題なく付くそうです。ちなみにNautilus802は後期型は前期型より太いネジ径になっているとか。

Rosewood

 脱線しましたが島田さんインシュの感想を。一言で言うと音楽性が高いという感じでしょうか。CDPの下にCerabaseと入れ替えて試してみたんですが、Cerabaseと比べ空間の広がりや低域の沈み込みはやや劣る印象ですが、音の躍動感が向上して非常に楽しく音楽が聴ける感じです。電源ケーブルだとアレグロに通ずるような島田さんらしい音だと思いました。

 確かにキャサリン・ジェンキンスやサラ・ブライトマンみたいな曲だと、もう少しフワッと空間が広がって欲しい感じはありました。しかし、綾戸智絵なんかだと実体感が高くボーカルが魅力的。やや解像度甘め若干響きが足されている感じですが、これが絶妙でとにかく聴いていて楽しいんです。メインがサラとか古内東子じゃなければお買い上げしちゃうとこでした。それに解像度とか低域の沈み込みはCerabaseと比べてのこと。普通に評価すれば、空間や解像度に不足は感じないと思います。やはり、我がオーディオアクセの師匠(私が勝手に思ってます)島田さんが作ったインシュレーターは、本当に素晴らしいものでした。

電源ケーブル聴き比べ。

 OCEANIC STATEMENT(OS)と先日購入したパチ物(愛称はパチに決定)とAudience PowerCord e ver.を簡単に聴き比べ&入れ替え戦を行って見ました。試聴ソフトは、いつもの綾戸智恵Live、キャサリンジェンキンス、セリーヌSACDなど。まずCDPでチェック。

  • OS…情報量は多く非常に濃密な感じ。空間の広さは十分。低域がぐっと沈むものの高域が詰まる感じは受けない。音のキレ・スピード感も十分。
  • パチ…意外と健闘。中高域の情報量は負けてない。さすがに低域はやや劣るものの期待以上。空間は広くキレ・スピード感はOSを凌ぐ。ただ音質は少し硬質でOSに比べるとサラッとした感じ。ボーカルの位置も一歩下がる。
  • Dream…情報量はOSと互角。低域の沈み込みもOSにそれほど見劣りしない。キレ・スピード感はパチにやや劣るものの、空間はパチと同じかより広がる印象。そしてOS・パチに比べ明らかに前後の奥行きが上手く出ており、解像度は一番かも。
  • Audience…思ったより善戦。最低域は出なくなっているが、左右の空間は広くパチと同等。キレやスピードもDreamと比べて見劣りしない。色彩は特に濃くも薄くも無い感じ。ハイC/Pと言われて購入したが、ほんとにC/P良いかも。

 OSかパチかDreamかは好みの範疇ですが、CDPはDreamに決定。続いてクリーン電源(DA-7050T)でチェック。元々はHAMMERHEAD Silver(HH)でした。

  • OS…解像度がぐっと高くなり低域までぐっと沈む。空間も十分で色濃く力感も向上。CDPと基本的に同じ方向ですが、CDPの時よりかなり好印象です。電流がある程度多い機器の方が向くのかもしれません。
  • HH…もちろん悪くないです。ただ解像度・低域の沈み込みはOSに比べると一歩後退。色彩感は高い方だと思いますが、OSに比べるとあっさり。空間はOSと同じくらい。音のキレとスピード感は良いです。
  • パチ…空間は一回り広くなりますが、拡散しちゃうというか薄い感じで焦点がぼけるような印象に。音のキレとかスピード感はHHと互角。低域の沈み込みもHHと同じくらいかな。

 やはりクリーン電源はOSで決まりのようです。ただ、心配したパチも思った以上に良かったです。とりあえずパチはクロックで使ってみることに。これで電源ケーブルは終わりかと思ったんですが…。

(まだ続くの???)

Nordost Valhalla Digital も購入しちゃいました!?

Bnc

 もう自分がおかしいです。完全に壊れてます(>_<) 海外のオークションサイトでBNC見つけちゃったので気がついたら購入してました。一緒に写真に写っているのが、JORMA DIGITALです。家計はもはや炎の車だから、落ち着いたら聴き比べてどっちか処分しなきゃ。

またまた電源ケーブル買っちゃいました。

 前々前回の写真でお気づきのように、やっぱり懲りずに新しい電源ケーブル買っちゃいました。でも、Nordost Valhallaじゃあ有りません。全くのパチものです(^_^;)

 なんでもValhalla ACの芯材が市場に流出して、その芯材を利用してODINと同じ構造(Valhallaより6本多い)で作ったんだそうな。制作者曰くValhallaより音が良いそうです。めちゃめちゃ怪しいですよね?普通なら手を出さないのが賢明と思うんですが、何回かメールでやりとりして面白そうだったので好奇心に負けて購入しちゃいました。明らかに自分のテンションおかしいです。

Clock_back

 聴いてみると意外と良い感じ。ちなみにクロックのケーブルは、JORMA DIGITALを使用してました…って、写真見てあれ?って思った貴方もまたまたケーブルマニアですね。恐ろしいことに、まだ続きます(^_^;)

 

(一緒に写っているパチについては、他の電源ケーブルと比較レポしています。補足もあるので良かったらチェック下さいね!)

まさか Valhalla買っちゃうの???

 Valhalla ACもインコネ(XLR)も以前に試してました。共に空間はふわっと広がるものの実体感が後退ぎみ低域が薄くなりがちで使いこなせず。

 そもそもインコネ(XLR)はIndra様とHorusのペアは不動。IndraをSakraに置き換えようとは思わなかったので、変わるとすれば次のオーグラインが出たときか。SPケーブルは、今使っているStereovoxのがValhallaに負けない新世代のSPケーブルとStereophileにレビューあり。SPケーブルは今更な感じ。そもそも高くて手が出ませんし。

 電源ケーブル(AC)は使うとすれば、…残りはクロックのG-03Xか。今はK1xV1xさんに譲って頂いた謎な優秀電源ケーブル(Michael Wolff Carbon Ribbon Source power)ですが、これを置き換えてクロックに使う分なら低域とか問題にならないかも。もしくは、クロックのケーブル(BNC)か。

 ACかBNCのどちらが良いかなぁと思って、あちこちチェック。すると、面白そうなACとBNCを見つけちゃいました。どうする?どうなる???

(やっぱりまだ続きます。)

しばらく聴いていると…

 感動が落ち着いてきてOCEANIC STATEMENTに慣れてきました。CDPとプリに繋いでいるクリーン電源とパワーアンプに使っているので、OCEANIC STATEMENTのキャラが強く出ていると思います。色々と聴いてみると以前に比べ低域までぐっと伸びて、音の密度感とか以前には戻れない感じですね。そして重いというか濃いです。

 たぶんこのくらいの方が世間的には好まれると思うんですが、自分にはやや濃すぎのような。もう少し気持ちよく抜けてふわっと広がる感じが欲しくなりますね。気持ちよく抜けてふわっと広がると言えば…Nordostですよね?Valhallaですよね??? やっぱり続きます。

また!? BMI OCEANIC STATEMENT 買っちゃいました!!!

 気がついたら代金振り込んでました。新しいのはパワーアンプ用…ということで追加でなんと2本購入しちゃいました。さっそくパワーアンプのMX-Rに使ってます。感想は…って良いですよ。素晴らしく良いです。でも、OCEANIC STATEMENT 3本で家計は火の車に。恐ろしい電源ケーブルです(^_^;)

Pachos

 写真の下側がOCEANIC STATEMENTです。この写真をみて、上の見たこと有るような無いようなケーブルは???って思った貴方!貴方もケーブルマニアですね。なんと話は、まだ続いちゃいます(*_*)

 

(一緒に写っているパチについては、他の電源ケーブルと比較レポしています。補足もあるので良かったらチェック下さいね!)

BMI OCEANIC STATEMENT 買っちゃいました!

 BMIの電源ケーブルはどれも良かったので気になっていたんです。でも聴かずに14500ドルとか有り得ない。もちろん聴いても有り得ない。それが高いとはいえ不可能ではない金額で見かけて…。ちょっと気を失っている間にメールしてて気がついたら手元にありました(^_^;)

 もはや太さは見慣れた感じですが、このケーブルはずっしり重いです。線材は純プラチナらしので気に入らなかったら、ヤフオクに出すよりプラチナとして売った方がお金になるかしら?ネットで検索するとプラチナは1g5000円位みたいだし…と不安で邪な考えを抱きつつクリーン電源に繋いでみました。

 比較は同じBMIのHAMMERHEAD Silverですが…

……

………

…………

……………

……………圧勝。

 う~ん。今までは色々なキャラのケーブルを組み合わせて自分の好きな音を作るものと思っていましたが、初めて全ての電源ケーブルをOCEANIC STATEMENTで揃えてみたいと思いました。そして…

(次回に続く!???)

BMI Hammerhead Gold MK4 HPSE

Hh_hpse

 ちょっと前ですがBMIの最新ACケーブルを2本セットでお借りできました。他のACを購入しちゃってもいるんですが、それの顛末は次回に。

 ちなみにHPSEはMk4のHighPower版&Special版。SE版=フルテックのロジウムメッキプラグ仕様のようです。お話によると今度出るMk5の試作品で、ノーマルのMk4に比べずいぶん良くなっているとのこと。エージングもまだとの事だったので、しばらく通電してから試聴させて頂きました。まずPreとCDPに繋いでいるクリーン電源(DA7050T)に。比較対照は、手持ちのBMI Hammerhead Silver Mk2です。

  • Peach Melba:驚くことに少しクリアーになってボーカルの質感がアップします。解像度が若干上がったようです。低域の伸びも若干向上するような。ただ左右は同じくらいですが、上下の空間がやや狭いかな。
  • Live:やはり解像度は少し上がった感じで、1音1音しっかり描写される感じ。余韻もきれい。低域の沈み込みは同じくらい。やはり上下の空やや狭し。
  • 愛燦燦:ほぼ上の2曲と同じ印象。

 次いで、Powerアンプで2本同時に試してみました。モノパワーで2本無いと比べられなかったので、電源ケーブルを比べるのは初めて。対象は、Audience PowerCord e versionです。海外のショップからMX-R用にC/Pの良い癖のない電源ケーブルを!と言って購入したものです。Audienceのケーブル類は扱いが無いみたいですが、クリーン電源が最近日本でも紹介されてますね。話がそれましたが…

  • Peach Melba:声の質感・表情はOK。左右の広がりは同等も上下の空間は狭い。
  • Live:観客が多くなっており解像度はupか。ボーカルはやや後ろに下がる感じ。沈み込みも向上、上にも伸びていて詰まる感じは無く好印象。
  • 愛燦燦:解像度・低域の沈み込みは良い物の上下の空間が狭い感じが強くイマイチ。前段に使うよりPowerに使った方が上下が狭い感じが強くでてしまうような。

 持ち主さんによると上下の狭い感じはエージング不足かもとのこと。他のHammerheadの使用感も考えると、PowerよりCDPとかPreなどの前段側に使う方が持ち味を発揮しそうな感じ。ただ、SilverでもDreamと同等の解像度と思うのでHPSEは凄いですね。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo