フォト

このブログを検索!

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
  • HMVジャパン
  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の4件の記事

dearaudio

 無理矢理に時間を空けて行ってきました。お店というかほとんどS田氏邸。リフォームも前の店に伺った時に現在進行形でお話を聞いていたのですが、実際に見ると想像以上に良い雰囲気です。和のテイストの中だとダールジールも不思議と違和感無いです。S田氏も健在で何よりってSPのボードも此処から購入してたんですけどね(^_^;)

 さて試聴時のシステムは、

  • Cray CD-306SCD (DreamAC)
  • darTZeel Pre&Power (アレグロ)
  • AVALON DIAMOND

 インコネは、CD-PreとSPケーブルがAnalysis PlusのGoldで、Pre-PowerがWW SEIでした。

 音はS田サウンド全開ですね。ガード下の時よりも、やや解像度甘め・若干空間狭めに感じますが、音像はコンパクトなのにボーカルの実体感の濃さ・色彩感の高さは非常に良く感じます。自分の趣味的にはボーカルが一歩前に来て欲しいとも思いますが、非常に気持ちよい音です。
 でも、昔はガード下の音がほぼ理想で少し実体感より音場に振りたいぐらいだったのですが、今は実体の大きさ・濃さはそのままで一歩近くに来て欲しいなんて変わるもんですね。

 S田氏の元で持ち込み試聴すると返り討ちに合いそうで怖いんですが、途中からN氏も参戦し当方が持ち込んだケーブルを聞き比べさせて頂いきました。ソフトは自宅から持って行くのを忘れたので、途中で急遽購入した古内東子のbestとお店?の綾戸智絵/Liveです。

 まずXLO LE2をAnalysis plusのGoldと入れ替えて聴くと…

  • 古内東子/best…音は此方の方が繊細か。高域は少し丸めた感じで、ボーカルの色彩感は下がるけど中域バランスで聴きやすい。
  • 綾戸千絵 / Live!…ホールの大きさやボーカルまでの距離は同じ感じ。

 これは印象そのままかな。続いてオーグラインを。

  • 古内東子/best…高域はむしろXLOより伸びてないかも。ボーカルの少し上にピークがあるのかボーカルがエネルギッシュな感じ。中低域の押し出しも明らかに強い。それにボーカルが一歩前に出てきているぞ!あれれ?
  • 綾戸千絵 / Live!…このCDだと高域の伸びは気にならない。むしろステージが一歩前に近づいていて驚く。中低域の迫力は此方のほうが有る。

 再びAnalysis plus Goldに。

  • 古内東子/best…やはり高域は伸びて感じる。ボーカルの位置は後ろにさがるが、色彩感は良くなって実体感としては落ちない。音像もコンパクト。
  • 綾戸千絵 / Live!…ステージは一歩遠くが、やはり色彩感があがっている分だけ実体感としては高い。

 う~ん…。XLO LE2はほぼ予想通りだったんだけど、オーグラインは意外だったなぁ。へい。さんの所に持ち込んだときもオーグラインは、どちらかと言うと高域に響きが出て音場を拡張させるタイプで、前に出てくるような押し出しのある音じゃないと思っていたんだけど。

 セッティングを追い込むとキャラもこんなに変わるのだろうか?ちなみに、SPが割と水平に近いセッティング。パワーはSP中央でクアドラの棚板一枚に載って、ラックのスパイクは十円玉で受けてた。プリとCDPもクアドラのラックで右手前の壁際。スパイク受けはクアドラ純正…って昔はこんな所に目がいってなかったぞ。自然にセッティングにも目が行くって事は自分も進歩してるのかな。

 あと、帰りがけに気付いたのはアレグロの存在。前にアレグロをお借りした時もメインでオーグラインを使用していた。当時のメモを見ると、「アレグロをプリに入れるとボーカルが一歩前に来て、何を聴いても元気な感じになる」とある。アレグロとオーグラインを両方使用するとキャラが変わるのか?

消灯!

 思いついたのはコレ。我が家のオーディオはリビングにあって、オーディオの他に電灯とインターホンが同じ配線から電気を取っている。その電灯を消して真っ暗な中でNSIT-2000plusと聴き比べてみた。

 まずCDPとPreは電源BOXのままPowerのみNSIT-2000plusで。

  • 古内東子/best…暗闇の中でもやはり良い。打楽器の音には重さも感じるし、左右に音場広がる。定位も以前より良いようだ。ただ立体感は若干落ちてるかも。
  • LaShell Griffin / Free…PreもNSIT-2000plusから取った方が低音の力感は上だったように思うが、この状態でも弾むような低音が気持ちいい。
  • 綾戸千絵 / Live!…やはり客席も増えている。立体感は若干落ちて感じるが気にならないレベルだ。やっぱり良いぞ!

 さて、一度電気を付けてPowerの電源も元の電源BOXに。再び消灯し真っ暗だ(^_^;)

  • 綾戸千絵 / Live!…今までは3-4列に感じた客席が後ろに広がったいる。NSIT-2000plus有りに比べお客の数自他はそれ程増えた感じはないが、より前後の感じが掴みやすくなっている。それに低音の感じも保たれているぞ。
  • 古内東子/best…若干腰高に感じる。しかし左右に広がった音場は保たれているようだ。立体感が改善したためか見通しも良く感じる。
  • LaShell Griffin / Free…むしろS/Nや解像度はNIST-2000plus無い方が若干高いかもしれない。ただ低音の力感は若干減少したかも。

 ちなみに、電灯は白熱灯で60W×6が二つあって片方は常時ついている。ちなみにオーディオ機器の消費電力は、

  • Esoteric X01:35W
  • BAT VK51SE :180VA
  • BAT VK-250SE :Idle 300VA Full 1500VA

 CDPの力率1)ってよく判らないけど余裕をみて100VAとして、白熱灯も入れると計2140A!ちなみにリビングの電気容量は、100Vで15Aだから1500VA…ってパワーアンプだけで終わってるじゃんか。パワーアンプの力不足を感じるのは、たんに電気容量が足りないだけだったのか(^_^; ということはオーディオするときはエアコンoffに加えて消灯も必須!?

 1) VA=W÷力率(白熱灯は1。パソコンで0.6-0.7ぐらい。オーディオ機器は?)

中村製作所 NIST-2000plus

Nsit2000  続いて中村製作所のクリーン電源もお借りした。ちなみに入力200V仕様のもので、エアコンの200Vコンセントを利用して一時的?にオーディオ専用200V回線とする計画だ。もちろん分電盤や屋内回線など改善点は残るが、電源的には最終回答に近いと思っている。もちろん期待も大。思わずスポットライトを外して天井裏を眺めてみたりしてしまう(^_^;)

 本体はジェラルミンケースに入って届いた。ハッキリ言って一人では持ち上げられない重さ。また、エアコンのコンセントから繋ぐのに精一杯で設置に関しては甘いと思うが勘弁して欲しい。なおメインのトランスの他に100VAと50VAのトランスも付いていて、コンセントは金とロジウムメッキの2種類で比べられるようになっている。
 さて、高さを得るためにステサンとHiViを積んだ上に大理石の板をJ1の青インシュを入れて重ねて設置。まず、PreとPowerをメインのロジウムと金に。CDPを100VAのロジウムに接続した。

  • LaShell Griffin / Free…おお音場が左右に広がる広がる。口は少し大きくなったかな?でも打楽器の音にも重さが加わってお腹に響いてくるようだ。ボーカルまでの距離感は同じ。コレは良いかも。
  • 古内東子/best…解像度高い。弱音まで音が空間に満ちているようだ。やはり左右の音場も今までに無く広い。でも、奥行き感無いぞ…。
  • 綾戸千絵 / Live!…S/Nは良くなっているし解像度も高いようだ。冒頭の客さんも増えて感じるが、ノッペリした感じになっている。

 音場も左右に広がるし低音のキレとか明らかに良いのだが、奥行きが無くなってしまった。とりあえずCDPのコンセントを金メッキの方に変更してみる。

  • 綾戸千絵 / Live!…こっちの方が奥行きは出るようだが、それでも少し平面的に感じる。
  • 古内東子/best…track3:抜けが悪い。なんかモコモコした感じでイマイチ。さっきの方が良かったかも。track10:こっちは前後感が改善した分こっちの方が良いかな。

 …彼方立てれば此方立たず。CDPを元の電源BOXに。

  • 古内東子/best…S/Nは悪くなったように感じるが、細かい所まで出ているのはこっちかな。口も小さくなっている。
  • 綾戸千絵 / Live!…やっぱりノイズフロアは上がっているが、弱音まで出ているように感じる感じる。客の数は増えたままで客席の前後も判るようになって此方の方が良い。

 やはりCDPは別の方が良いのか。ついでにPre も元のBOXへ。

  • 古内東子/best…おおっコレはいい。打楽器の重さは少し軽くなったが、以前に比べれば遙かに重い。音場の広がり解像感や定位など此方の方が上だ。
  • LaShell Griffin / Free…立体感も出た。左右のボーカルの位置も判りやすい。
  • 綾戸千絵 / Live!…客席も広がっている。コレは良いぞ。

 これは200Vを敷くしかないか!?天井裏は覗いたけどに作業スペースは無く、思いっきりリフォームが必要に成ってしまうから厳しいなぁ…。でもその前に試聴中にある可能性に思い至った。つづく。

続First cry /Fairy

Fairy  やっぱりラックの上にポンと置いたらダメかな?と思って、床に大理石を敷いて、その上に置いてみた。すると…

  • 古内東子/best…あら…悪くないかも。音は少し甘めだが好みな感じ。音場は左右に広い。奥行きは時に変わらないかな。ノイズフロアは明らかに下がる。でも細かい音も無くなって感じるなぁ。
  • LaShell Griffin / Free…左右のボーカルはよりリアルになったぞ。でもメインボーカルの感じは無い方がリアルかも。ただ若干だが見通しは良くなるし解像度も高く感じる。重心も特に変わらないようだ。

 他にも色々と聴くが確かに音は変わるが微妙なところ。優秀録音だと有る方が若干良いように思うが、普通のCDだと無い方が良いかなぁ…。CDPだけじゃなくてPreにも入れれば、違う結果になるのかなぁ?

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo