フォト

このブログを検索!

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
  • HMVジャパン
  • このリンクから行くと、右上に割引券あるかも?

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

Google 広告

無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の10件の記事

First cry /Fairy

 緊急更新。そんな訳でFirst cry /Fairyがさっそく家に来た!でも、せっかくお借りしたのにダメダメだ(>_<) なんで???

 まずCDPにと思い電源BOXから付属のACでFairyに。それからDreamを介してCDP。取り回しの関係からラックの上に置いたのと、アースが取れてないのがダメなのか?確かに静かに成ってボリュームを上げられるものの、ノイズと一緒に弱音まで無くなっている感じ。左右に音場は広がるけど前後は無くなってノッペリした感じだ。前にお借りしたトラペのPIMMも合わなかったけど、家にクリーンACは鬼門なのか?

 予定ではFairyでクリーン電源の効果を実感。CSEのRK-100とどちらにするか&新たな出費に悩むはずだったのにぃ…。J1の青インシュを挟むだけじゃ効果無かったから、置く場所から変えてみるかなぁ。

クリーン電源

 これもk1xv1xさん&へい。さんの宿題だ。以前にPLMMとか試して家の環境だとダメダメだったのでパスしていたが、ちょっとHydraとか試してみたいと思っていた。アドバイスも頂いて考えた候補は、CDPにCSE/RK-100かFirst cry /Fairyと、他の機器用にHydra 4 or 6と中村製作所のNIST-2000などなど。
 このうちFirst cryと中村製作所はデモ機の貸し出しを行っているので申し込んでみた!その結果も考えてCSEとhydraは考えよう(^^)/

Quadraspire

 我が家はクアドラスパイアのQAVXという横三列のラックを使用している。購入時は、オーディオに今ほど目覚めてなかったので手持ちの機器を入れられて、デザインの合うラックとして選んだ。色はN802と揃えてレッドチェリー色をオーダーでお願いした。

 ちなみに足下は重量キャスターで、フローリングにカーペットを敷き、その上にラックを置いてある。このラックの下のカーペットも悪さをしているのでは?とK1xV1xさん、へい。さんのお二人から駄目出しがあった。そこで、宴会芸のテーブルクロス抜きの要領でカーペットを引き抜いてみた!

 結果は…あんまり変わらないかも(>_<) やっぱりキャスターがダメかなぁ。スパイクにしてBDRのスパイク受けを使うと(他と違ってラックの下は)音に厚みが出るとの情報も頂いたことだし、スパイクに変えるかと思ってHPを見に行ったら、なんとVENTというラックが出るらしい。しかも、ポールやスパイクは流用できそうだ。折角だからVENT流用にしてみたい!と思ったら、180と216だけで256mmのポールは発売されないようだ。ありゃ。でも折角だから問い合わせてみようかなぁ。

 → 記事を書いて公開する間に合わせてみた!なんでも、325のポールは夏頃の発売(発表?)を目処に企画中らしいが、256のポールは今のところ予定は無いらしい。ただ作らないと言うわけではなく、今後の売れ行きや反響次第で検討するとのこと。もし流用に興味を持たれたら、是非256mmポールをショップや代理店にリクエストして下さいませm(_._)m
 ちなみに直径32mmポールの流用も考えたが、設置面積が大きくなって安定度は増すものの中空構造なので、19mmポールと比べて音質面で明らかに優れているとは限らないとのことだった。

GOERTZ SPケーブル

 hyroさんのHPでもアドバイス頂いてたら、何故か?家にGOERTZ SPケーブルが!しかも、Python MI2(銅)、AG2(銀)と一回り太いBOA MI3(銅)の3組も。もちろん直ぐに試聴だぁ(^^)/

 ちなみに、チェックCDは古内東子のカシミヤとbestが中心。カシミヤで主に音場の広がりを、bestは金物の音やボーカルの表情をチェック。後は、綾戸千絵/LIVEで客席との距離感を。

Python MI2 

  • 古内東子/カシミヤ…おおっこれは中低域の押し出しが強い。引っ込んでいた音がグイグイッと前に出る。でも、高域は伸びが無く、曲によっては抜けが悪く感じる。
  • 古内東子/best…金物の音は同じか弱い。音色はやや暖色でボーカルの表情はリアルな感じだが、どうにも抜けが気になる。数時間ガンガン鳴らしたら、少しは良くなったが抜けが良いとは言えないなぁ…。
  • 綾戸千絵 / Live!…客席との距離感は変わらず。でも、このCDだと抜けは気にならないし、中低域の押し出しと暖色調の音色が合わさってライブの熱気が感じられていい(^^)/

 抜けが悪い他はkimber8TC比に勝っている。出だしでコレだけ良いと期待が高まってくるぞ!つづいて銀線のPython AG2を。

  • 古内東子/カシミヤ…MI2とうって変わって中低域の押し出しは感じ無い。しかし引っ込んでた音が上から下まで揃って前に出てくるぞ!抜けも悪くないし解像感も上がって感じる。音色はニュートラルか少しクールな感じ。
  • 古内東子/best…おおっ今までになく金物の音がリアルだ!やはり音色はややクール。それでも解像度が高く音が前に出るためかボーカルの表情わかり易い。抜けも良好だ。
  • 綾戸千絵 / Live!…やはり客席との距離感は変わらないようだ。でも弱音まで出るためかホールの感じも出てきている。

 このGOERTZのSPケーブルは、まんま「きしめん」状のと「きしめん」を撚ってスパイラルにしてある物がある。今回お借りしたのはスパイラル状の物だが、コレには銀線と銅線がmixされた物もラインナップにはあって、音の傾向は銀線と銅線の中間とのこと。価格的にも、Pathonの銅線だと切り売りのkimber8TCの方が高いくらいで良心的だし、Pythonのmixとか良さそうだな。でもいっそのこと、BOAのmixか!?と思いつつBOA MI3に。

  • 古内東子/カシミヤ…PythonMI2のイメージが有ったので驚いたのだが、PythonはPythonでもMI2より AG2に非常に良く似た印象だ。やはり音場の広さは特に変わらないが、AG2と同じく音が前に出てくる。聴き始めは若干抜けが悪いような感じがあったが、小一時間鳴らしたら気にならなくなった。1番の違いは温度感で此方は若干上がって感じ好印象。
  • 古内東子/best…温度感が上がるためかボーカルの表情がいい!金物の響きや解像度もAG2と比べて悪い感じは無い。
  • 綾戸千絵 / Live!…ほとんどAG2と同じ印象だが、暖色調な分だけ聴いていて楽しいぞ!

 Python MI2のイメージが有ったのでBOA MI3には少し驚いたが、かなりの好印象だ。先日聴いたKS-9035よりも、金物の感じも出ているし低域も出ているように思う。もちろん、KS-9035のように音場が広がる事は無いが、なにより一番悩ましかった引っ込んでた音が前に出てくるようになったのが嬉しい。ただ寝起きが悪いようで、1週間家を空けて戻ったら(家では常時通電はしてません)聴き始めのダメ具合がアップしていた(^_^;)

 そんな訳!?でBOA MI3をSound Aticsさんより購入した。HPの切り売りケーブルを端末加工して頂いたのだが、代理店だけあって端末のスリーブにもBOAのロゴ入りで格好いい。もちろん上記のケーブルもAticsさんのご厚意でお借り出来たもの。多謝! 予定されるオーグラインやアナリシスとのSPケーブル王座決定戦が楽しみだが、その前にインコネも試聴出来ることになった(^^)/

 ただ音の熱さや厚さはケーブルよりセッティングが重要らしい。lmstさんのHPを見て思ったのだが、SP下のAB-3000の下に補強目的で御影石とかコーリアンボードを敷くのも手かも。ちょっとずつセッティングを煮詰めてケーブルに頼らず濃さや熱さを出せるようにして行こう!

SPケーブル&インコネ再検討。

 先日のOFF会でKS-9035を聴かせて頂いたのはインパクトがあった。SPの足下が固まったせいか今までよりSPケーブルに敏感になった気がする。今までは、後手に回っていたがいよいよSPケーブルも考えねば。組み合わせも考えるとインコネも含めての再検討だ!

 候補として考えているのは、まずオーグラインSPケーブル。特に最近発売になった銅線とオーグ合金のハイブリットSPケーブルは、中低域の厚みやパワフルな感じもあるようで非常に気になるところだ。ただ、インコネと同時使用だとキャラが強く出過ぎないか不安なところ。場合によっては、インコネかSPケーブルのどちらかでオーグラインを使用する事も考えよう。

 次に、かなり高額なので直ぐには手が出ないが、元ガード下S氏一押しAnalysis Plus Golden Oval Sp。以前に聴いたときは出過ぎる低音を持て余したが今なら大丈夫なはず。それに、色彩感の高さは魅力的だった。また、同じシリーズのインコネも気になる。コレも以前にRCAを変換コネクタで無理に使った場合でも能力の一端は感じられた。

 最後に、お富さん一押しのGOERTZ。なんでもGOERTZのBOAMI3はパワフルで熱い音がするらしい。今までは評判を聞いただけでパスしたが、今は少々?熱い音が必要なのだ。

国産最終兵器!?

 AB-3000の下をフェルトに変えて少し響きが戻ったのだが、NBS BLの濃密な空間も消える薄く前に音が来ない症状は改善されていない。ちょっと凹んでいたらK1xV1xから国産最終兵器として、8N-PC8100が送られてきた!それも2本も!?たしか250本限定のはずだから…2/250って凄い。当然の如くエソのCDPと相性が良いらしい。

 さっそく試聴をと言いたいところだが、音が薄く前に出ないのはSPや機器のセッティングが悪さしてそう&SPケーブルが律速なので、現状ではケーブルの評価は難しい感じ。と言いつつもケーブルの試聴は楽しいので、ワクワクしながらCDPに入れてみた。

 ちなみに、今回は主に古内東子/カシミヤとbestでチェック。DreamACと比べると…思ったより大きな違いは無い感じだ。音場も良く広がるし抜けも悪い感じはしない。低音の描写は若干線が太い感じになるかも?特に空間が濃くなったり薄くなったりは感じないなぁ。あと、ボーカルまでの距離感は同じ。
 次にパワーにも入れてみると…ありゃりゃ。どうしても抜けの悪さが気になってしまう。どうも私は抜けが悪くなるのがダメなようだ(>_<)
 それではとPreだけに入れてみると…う~ん。CDPの時には感じなかったが左右の音場は狭くなる。それ以外は、CDPに一本入れた時と同じような印象だ。

 う~ん…。国産最終兵器も効かないとは我が家は重傷だ。でも、お陰で電源ケーブルは一時保留にしてセッティングとSPケーブル・クリーン電源を先行させる踏ん切りが付いたぞ。

大理石。

Photo_11  一歩進む前に半歩戻ってしまいますが、コレはSPの敷物交換前の話です。ラックに合わせたサイズの大理石の制作を週末に依頼したら週明けに来た。早~いと驚いたら仕上げも、ちょっと雑な感じ(^_^;)

 まあ機器の下に置くんだから良いか。ちなみに、一枚はトラバーチンで、もう一枚はアラベスカートという種類だ。それに、へい。さんに習って元々持っていたJ1の青インシュも。叩いた感じは黒の御影石がゴ、アレベスカートがコであまり響かないが、バーチンはカンという感じでけっこう響く。

 さて、BATのパワーとプリの下に2枚の大理石を代わる代わる入れてみると…変わらない!もしろ馴染んでいたのを引きはがして載せ替える為か逆に良くないような。BATはゴム足だから効果が無いのかな。次はCDPの御影石と入れ替えてみるとしても、結局2枚は置物に決定かぁ…。

 と思ったら、K1xV1xさんより、ゴム足は本体をインシュで直接支えてゴム足を浮かせてしまう方法や付け替えてしまう方法が有るとのこと。なるほどと思ってBATの底面を見ると、残念ながら足の場所以外で上手く支える事は難しそうだ。付け替えはちょっと抵抗を感じるが、落ち着いたら足が簡単に外れるか見てみよう。

SPの敷物変更。

Sp  …そんな訳でホームセンターに。購入したのは厚さ3cmのパイン集合材。本当はフィンランドバーチやシナアビトン合板が欲しかったんだけど、そんな物は普通の所には無いよね。普通のシナ合板とか色々とコンコンと叩いてきたけど、それ程大きな違いは無いような感じだったので一番厚い物があったパイン集合材に。ちなみにフェルトを扱っているのは、ホームセンターでは無く手芸店でした(^_^;)

 家に帰ってさっそくSPの移動開始。まずスパイク受けを付けて、ズリズリ滑らせてAB-3000から板に載せ替え。折角なので板に直接スパイクを刺してセッティング。いつものように古内東子を聴くと…
 うぉ!響く響く。これはコレで楽しいかも。音は柔らかく滑らかだけど、中央に集まる感じで広がらない。定位もイマイチかな。う~んと思ってSPの位置とか調整するも大きな改善無し。やっぱりAB-3000かな?
 再び移動。今度はAB-3000の下にはMistc Whiteの代わりに普通のオフホワイトのフェルトを。ちょっと不安になりつつ音だし。ボードがダメダメだったらどうしよう…。

 うむ。だたの板に比べれば響かないけど、前のように響かないと言うことは無くて適度に響いてる感じ。定位まずまずで音場の広がりもOK。これで次の一歩に踏み出せそうだ(^^)/

続・Taipan防衛戦。

 さてTaipan防衛戦の後編なのだが、どうもSPをスパイクにしてから音が響かず何か楽しめない。う~ん…と悩みつつも、お借りしているケーブルに白黒つける為に試聴開始だ。

#PowerのTaipanをNBS Black Label(BL)に。

  • 古内東子/カシミヤ…ありゃ。あんまり変わらないぞ! 音場の広さは同じかやや狭いくらい。ボーカルは気持ち前かな。でも、以前に感じた濃密な感じが無い…。
  • Celine/A New Day Has Come(SACD)…少しは濃くはなっているなぁ?
  • 綾戸千絵 / Live!…やはり音場は若干狭いようだ。ピアノの鍵盤を叩く感じは、こちらの方が迫力がある。音も少しは濃密になっているが…。

 う~ん。スパイク化前に感じた濃密な感じは何処かに行ってしまった(>_<) さすがにコレでは金額を考えると手が出ない。スパイク化前は即買い状態だったのに…。

#次にNBS STATMENT EXTREME(STEX)を。

  • 綾戸千絵 / Live!…ボーカルや客席との距離は近くなり、客席の中に自分が入ったような感じだ。ピアノもボーカルも迫力出る。
  • 古内東子/カシミヤ…Live!では、それ程目立たなかったが抜けが悪い。左右の音場もBLよりやや狭くなっている。中高域に比べ中低域だけ前に出てくるような感じがあり不自然な感じだ。
  • Celine/A New Day Has Come(SACD)…低音増加し前に出てくるが、中高域は前に出てこず。抜けも悪くバランスが悪いように感じてしまう。
  • LaShell Griffin / Free…サイドボーカルは前に近づいてくるが、やはり、抜けの悪さが気になってしまう…。

#再度BLへ。

  • LaShell Griffin / Free…STEXより抜けは良い。STEXで感じた低音の押し出しは無くなり、再度ボーカルも後ろに下がる。こちらの方が音は濃密かも。

#Taipanに戻す。

  • LaShell Griffin / Free…少しサラッとした感じになる。サイドボーカルのリアリティも後退した感じだ。
  • 古内東子/カシミヤ…音場の広がる感じは、こちらの方が良い感じだ。

#Anaconda VX αに。

  • 古内東子/カシミヤ…音の粒子が細かくなる。音場も左右に広がるようだ。
  • LaShell Griffin / Free…やはり音は細かい。やはり音場も広がっている。抜けはTaipanと変わらないようだが、音が薄く感じてしまう。
  • 綾戸千絵 / Live!…Taipanよりボーカルや客席との距離は離れる。ピアノの鍵盤を叩く感じは柔らかくなり、綾戸千絵の声も少し若返ったようだ。ホールは少し大きくなって大きさも判るような感じになる。

#Taipanに戻す。

  • 綾戸千絵 / Live!…解像度は落ちて空間も少し狭くなるが、こちらの方が勢いがあって良い感じだ。

#次に期待のJPS Kaptovator(Kapt)を。

  • 綾戸千絵 / Live!…距離感はTaipanと同じくらい。少し腰高な感じだが、中高域は滑らか艶やかで気持ちが良い。
  • 古内東子/カシミヤ…やはり滑らかで気持ちいい。
  • Celine/A New Day Has Come(SACD)…滑らかで気持ちよいけど若干平面的かも。音の細かさはTaipanと同じくらいかな。

 中高域の滑らかさは魅力的なので試しにPreのDreamをNBSのBLに変えてみると…腰高な感じは無くなり少し濃密な感じになるが、音場はかな~り狭くなる。ダメだこりゃ(>_<)

 電源ケーブルの前にSPのセッティングを何とかしなければ。どうもボードの下にMistic Whiteをひいたのが良くないよう気がする。もしくは、ボード自身か?明日にでもホームセンターに行って板とフェルトをゲットしてこよう!

御影石到着!

Photo_7 と言うことでオフ会後にさっそく物色開始したら、その週末には黒の御影石が家に届いていた。ちなみに「ヒマラヤンブルー」が一押しとの事だったが、問い合わせたら納期がかかりすぎて断念(>_<)

 さっそくCDPの下に。まずは、今まで使っていたインシュ無しでX-01の足を利用してそのまま置いてみると…

  • 古内東子/カシミヤ…音の数が増えたように感じる。でも整理されていないような?口元も若干判りにくくなる。
  • LaShell Griffin / Free…低音はややアップ。でも口元判りにくいなぁ。
  • 綾戸千絵 / Live!…客席は少し増えたかも。でも雑然とした感じだ。

Photo_10   やはりインシュも必要?と思い再び挿入。ちなみに、コレは黒水晶とチタンのインシュを2段重ねした物だ。さて…

  • 綾戸千絵 / Live!…おおっ拍手から明らかに違う。客席の数は4列ぐらいだがハッキリした。音場も左右に広がった。音が前にも出てきた。これは良い!
  • 古内東子/カシミヤ…音場が広がるし上にも綺麗に伸びて気持ちが言い。

 これでベールが一枚は剥がせたようだ。この状態でTaipan防衛戦を再開しよう(^^)/

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

Rakuten

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、数は出回っているので焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo