フォト

このブログを検索!

音楽ショップ

  • HMV検索
    検索する

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の7件の記事

Wireworld Gold Eclipse 5 interconnect

Photo_4 ご存じWireworldの最上位のインターコネクト。と言っても購入したのは新しく出る(出た?)5-2では無くただの5です。5-2からは構造がかなり変わるようなので、以前の音が気に入っている方は処分価格の5を購入しても良いかも知れません。

 話が少し戻りますが、以前に購入したCardas Golden Presenceは、古内東子など声の表情は良いものの抜けが悪く、まるで頭がつかえるような感じがあって困っていました。拙い英語で購入元に相談すると、それならGold Eclipse 5がお勧め!しかも今なら新品が半額!と返事が。Golden Presenceも購入時の値段で下取りしてくれると言ってくれたため購入に踏み切りました。当初は音像が大きくボアボアした感じで締まりがなかったのですが、1ヶ月ぐらい慣らしてみると癖はあるものの他に代え難い魅力のあるケーブルでした。簡単にレポしておくと…。

 CDP-Preにオーグラインを入れて広がった空間はPre-PowerにGolden Presenceを入れても保たれていたが、コレは明らかに空間が狭まります。しかも、解像度もオーグラインやKS-1130と比べるとやや甘めで、口もやや大きく…と書くとダメダメなのですが、空間以外は少し劣ると言った感じです。しかし、それ以上に色彩感が素晴らしいのです。これを入れると音色が鮮やかになって、KS-1130がモノトーンの淡水画とすれば色鮮やかなパステル画といった感じに。しかも音楽の明るさには影響を与えず、古内東子などを聴いてもアレグロに感じたような違和感は有りません。

 口元が大きくなる点は気になっていたのですが、電源BOXにお借りしたインシュレーターを入れるとシステム全体として改善したためPre-Powerに使用決定。空間は、オーグライン+KS-1130でもさらに空間が広がる事は無いので、これはPreのACで対応しようと考えています。

OCX 外部クロック!レポ

Ocx  島田さんがいらっしゃる間にと思い先月に駆け込みでお借りした。今更だがOCXはCDPやD/Aにクロックを供給する機器で水晶の温度管理をすることで精度を向上させた逸品。また、この手の製品としては価格も良心的な方だ。
 なお、通電24hr以上でないと安定しないとのことで二晩待って無理に時間を作り試聴した。ちなみに、デジタルケーブルは一緒にお借りしたstelthの物を使用。試聴は、いつものように古内東子・セリーヌのSACDと最近試聴Diskに加わったFreeのNo.11だ。

 まず最高の176MhzでTry。繰り返し聴くがFreeや古内東子のCDではあまり差は出ず。SACDだと少し差が出てくるかなという程度。空間は奥行きが広がり左右にも若干広くなる。しかし、空間がひろがる一方で、密度が薄くなって少し寂しい感じだ。X-0Ltd.はX-01に比べ濃くなっていたので、Ver upすればちょうど良いのかも知れない。
 次に、時間が無かったため88MhzでTry。こちらの方が違いが分かりやすい。セリーヌのSACDでも奥行きはそれ程広がる感じは無いが、弱音の表現がupして音の消え際がよく分かるようになる。音がフワッと広がって気持ちよい感じ…と書くと非常に良いように受け取られると思うが、改善の程度は残念ながら小幅だ。 

 理由として考えられるのは、まず当方のシステムが不十分と言うことだろう。プリの電源にDreamか何か入った後だったら、もう少し効果を感じられたかも知れない。その2としてCDPが一体型と言うことが有りそうだ。トランスポートとD/Aが別だと高精度のクロックと言うだけでなくクロックの同期という効果もあり、また違った結果だったに違いない。

 ちなみに、島田さんにはクロックは最後にもう一枚ベールを取りたいときに入れる物と言うことで、やはりACなどを先に対策する必要があるとの事だった。

トルクマネージメント

 有名なO崎さんのHPを初めトルクマネージメントについては見聞きしており興味を持っていた。なんでも、スピーカーのユニットを止めているネジのトルクを調整するとスピーカーの鳴りが良くなるらしい。でも、トルクドライバーを購入して使い方に慣れてって考えると…。

 と思っていたら、今月初めにNORDOSTのコンダクト社でトルクマネージメントのモニターを募集(現在はモニター募集終了)されているのを発見。これは応募しないとダメか!?と思い早速メールしてみた。その後は予想外の結果に…。

更新停止中。

 プチ追い込みのため更新止まってますm(_ _)m
22日頃に更新再開です。今後の予定は、

  1. OCX(外部クロック試聴レポ)
  2. Wireworld Gold Eclipse 5 interconnect
  3. 電源BOX台(制作中)
  4. トルクマネージメント

 などを予定していま~す。

現在の検討課題。

 頭を整理するために課題を列挙してみた。

Ⅰ)電源BOX台:急遽一位に浮上。すでに現在進行中で合板を圧着した物を制作して頂く予定なり。もちろんお察しの通り某インシュのパクリです(^^;)

Ⅱ)ルームチューニング:その道の第一人者?さんにアドバイスを受け部屋の整理整頓実行中。部屋がスッキリしたら音もスッキリしてきました!

Ⅲ)プリの電源ケーブル:心はDreamだけどデモ品買い損ねた。金銭的には来春以降か。

Ⅳ)SPケーブル:本命オーグライン・対抗Siltechってどちらも聴いたこと無いけど(^_^;)
 オーグラインは、インコネが非常に良かったので第1候補。Siltechは、ケーブル大全を見て気になってる。あんまり雑誌の試聴記事とか当てにならないと思うんだけど、福田さんの比較レポ(この方の評価は的確な気がする)によると「低音は量感より締まる方向で解像度も出る。中高音は伸びやかで空間も良好」らしい。ここも価格帯はStelthと変わらないくらいだからおいそれとは手が出ないんだけど、何処かで試聴できないかなぁ…。

Ⅴ)外部クロック:今回の自宅試聴次第で優先順位の変更有り。

Ⅵ)オーディオ専用配線:何とかリフォームしないで出来ないかなぁ?落ち着いたら、ダウンライトとか外して天井裏を覗いてみよう。

Ⅶ)パワーアンプ買い増し:クラッセのΩを聴いてから強力なパワーに憧れている。メーカーのHPを見るとVK250SEはモノアンプへの変更も可能なようだ。もちろん2系統のプリアウトを利用する手でも良いかも知れない。

Ⅷ)スピーカー台というかステージ?:家のフローリングはフワフワした感じで床が弱い。いっそのことオーディオコーナー全体に人工大理石のパネルでも置いてしまおうかと思っている。

インシュレーターいろいろ。

Photo_2  昨日はお辞めになる前に自宅試聴させて頂こうと思い秋葉経由で無理矢理に戻ったが、本命のDreamは既に買い手がついて対抗のARGENTAUDIOのインコネは輸入元に戻っていてお借りできず。最後までやられたって感じ。相変わらず早いなぁ。ちなみに、「20日って水曜日で定休日ですね」って元?店長に言ったら気付いて無くて驚いてらした(^_^;)
 Dreamはデモ品をお借りして良ければそのまま購入という予定だったが、値段も微妙だし購入するとなるとクレジット組むことになるので良かったのかも。一本目を購入しようと思ったときは、偶然にも在庫があって持ち帰れた事も考えると今回は縁がなかったのだろう。
 おまけにもう一つ無理を言ってお借りした物は、1日通電しないと本領を発揮しないとのことで、かなり肩すかしを食らって帰宅。でも、おかげで久々にゆっくりと音楽を楽しみつつ宿題のインシュレーターを試す事が出来た。

 まず電源BOXに再度Try。CDはいつもの古内東子カシミヤとセリーヌのSACD。前回の反省をふまえ雑誌の積み方を調整してから、インシュレーターを入れてみた。ちなみに写真の金色がお借りしたインシュレーターで、木の丸は逸品館のオリジナル、奥の大きいのは下が黒水晶・上がチタンでCDP用に二つ重ねている。ちなみに、今回お借りしたインシュレーターは材料費の高騰のため現在は製造中止とのこと(>_<)

 まず、金色を再び雑誌の積み方を調整した上で使ってみると、前回の感想より全体に良く感じる。音が細かくなってフワッと広がる感じだ。見晴らしも向上しボーカルの口元もハッキリして、focus感もupって褒めすぎな様だが本当だ。効果としてはKS-1130の半分くらいだろうか?ただ色彩感の減少は無くデメリットを感じない。
 それでは!っと思ってCDPにも入れてみると…あれ?思ったほど良くないぞ。コントラストが上がりすぎるのかザラザラした感じになる。う~ん…。

 基本に戻って両方共に無い状態にすると、響きが出過ぎ&締まりが無しで五月蠅い感じになる。しかもノッペリした感じでダメダメ。そこでCDPには何も入れないまま、電源BOXに木の丸を入れてみると少しスッキリする。音も柔らかい感じで好印象だがやはり平面的だ。そこで、再び金色を投入。するとfoucsがグッと良くなって口元も判りやすくなるのだが…何か良くないぞ?なにか耳障りというかゴチャゴチャした感じだ…。
 CDを変えてみよう。最近よく聴いているfreeのtrack11に。この曲はボーカルの実体感や位置がよく分かる。入れたり外したりして聴いてみると、やはりボーカルの実体感は金色を入れたときの方が良いようだ。そして解像感・コントラストが向上し雑味まで誇張されるような感じになって、それがゴチャゴチャした印象を与えているようだ。
Photo_3  そこで黒水晶+チタンに変えてみると…。focusは甘くなるが少し落ち着いた感じで聴きやすい。でもなぁ…と思っていると試していないインシュを思い出した。スピーカーの下に使っているPB-12の片割れである黒壇スパイク。これに変えると…、木の丸に比べればマシだがまだ平面的かな。

 時間もおしてきたので、黒水晶+チタンをCDPに戻してみる。すると見晴らしが良くなって口元もハッキリする…でも、いつもの音かな?雑誌だけでも大差はないかも。そこで電源BOXのインシュを黒壇から金色へ再度変更。CDPにインシュを入れて雑味が減っているため、ゴチャゴチャした感じはまったく無くなり、初めと同じように音が細かくなってフワッと広がる感じになる。お借りするときに「悪魔のお誘い」って言われたけど、ホントにコレいいなぁ…。
 とりあえず、その前に雑誌を積んで台にしているのをどうにかしなきゃね。と思っていたら、メールの返信があり合板を圧着してブロックを作製していただけるようだ。そこそこの金額だが細かい点を詰めてお願いしてみよう。  

続・電源BOX

Ac_box_2  電源BOXの配線を変えたら落ち着くまで色々試せないと気付きお借りしたままになっているインシュレーターを試させて頂くことにした。
 
 とりあえず電源BOXからと軽く考えインシュレーターを入れて三点支持にしてみると、focusが良くなって彫りが深くなり口元が判りやすくなった。明らかに見晴らしも良くなって空間も若干広がようだ。
 これは凄い!と思ってインシュレーターを入れたり外したりしてみると、置き方によってはあまり変化がない時もあるようだ。しかも、困ったことに雑誌の積み方によってもかなり音が変わる。なんとHiviからステサンに積み替えるだけで劇的に良くなった…

 というのは冗談だが、電源BOXの設置では大きく変わらないだろうとたかをくくっていたので、ちょっとショック。まだまだ精進が足りないようだ。高さが12-13cm必要で適当な物が見あたらなかったので保留だったのだが、早急に対策を考えねば。とりあえず、合板の圧着をしている所を見つけたので、何枚か圧着してブロックのような物を作れるか聞いてみよう。それがダメだったら、道ばたにある石屋さんかな 。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

Rakuten 広告

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、今から入手を考える場合はヤフオク!も含めて焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo

Google 広告