フォト

このブログを検索!

音楽ショップ

  • HMV検索
    検索する

雑記帳・足跡帳

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の5件の記事

電源BOX改良!

Photo_1  オーグラインのインコネが非常に良かったので、電源BOXの内部配線にと思いオーグ線も分けていただいた。そもそも電源BOXは手元に余っていたオヤイデのAC線を使った。もちろん、何故余ったかといえば自作して使ったらダメダメだったから。本当は、SCR/ACの線を使ってみようと思っていたのだが、価格と扱いにくさで断念して、とりあえずが「ずっと」になっている。
 とは言えACケーブルで使用してダメダメな線が内部配線なのだから、ずっと気になっていた。そこで、ようやく重い腰をあげて電源BOXを改良!そして感動?!

 する予定だったが、先週末はSP位置の調整などで時間切れ(>_<) 最近かなり追い込まれてるので、オーディオの方は遅滞しているなぁ…。

続・SPボード

Photo  武藤様から御影石はキンキンするけど大理石はお勧めとアドバイスを頂いた。それではと、早速検索。

 ヤフオクや幾つかHP上でも通信販売をしている所があって、大理石の種類にもよるが40cm×60cmで1.5-2万円くらい。厚さは2-3cmで20-30kg程度だ…って一度置いたら二度と持ち上がらないのでは!?(御影石とか使用している方をネットで見かけるけど、みんなどうしているのだろう?)
 う~んと思ってさらに検索すると人工大理石のめん台!を発見。50cm×70cm厚さ1.5cm重さは8kgとまずまず。しかも持ち易いように切りかけも入っている。ちなみに人工大理石は石の粉などを樹脂で固めた物で、洗面台とかに良く使用されているそうだ。我が家の洗面台やキッチンを叩いてみると、鈍くゴンゴンという感じで響くことは無く良さそうな感じだ。おまけに3900円とくれば迷うことは無い。しかも夕方に注文したら翌々日の朝に届いた。

 さっそく届いためん台改めスピーカーボードをセッティング。まずカーペットマットをスピーカーの前に敷いて、スピーカーを前に出してマットに載せて移動。この時悲しい事実を発見。カーペットマットの代わりに人工皮革のシートを使っていたのだが、薄すぎてキャスターの後がしっかりフローリングに残っていた…。まあ人工大理石のボードを置いたら見えなくなったから良しとしよう。
 気を取り直して、今度はスピーカーをマットごとボードに載せて、マットを引き抜きキャスターにPB-12を咬ませてやっと終了。仮に音が悪くなっても直ぐには戻す気にはなれないな…。

 おおまかにスピーカーの位置を調整して試聴。曲はいつものセリーヌのSACDと古内東子なり。一番変わったのは、やはり低音。今までは低音に変な濁りがあったのだが、これが一掃されてスッキリした感じだ。音の一つ一つがハッキリして彫りが深くなったように感じる。気になるのは付帯音や中高域の変化だが、これはぱっと聞いた感じは大きな変化は無さそうで一安心。中高域の変化はもう少し聴き込まないと判断できないが、これは思った以上に良い感じだ。やはりスピーカーの足下は大事だと実感した。

スピーカーボード

Sunstagep_1  スピーカーの足下が大切という事が判ったので、色々考えていたのだが妙案浮かばず。
 1つはスピーカーのサイズと設置を考えると、幅45-50cm長さ60cmぐらいで無いと厳しいのだが、サイズ的にちょうど合う物があまり無い。
 2つめはスピーカーは80kgあり、ボードにスパイクを使用してスピーカーを設置する事自体が大変&設置したら動かせないかも。へい。さんがボードの下にフェルトを引くことを提案して下さったけど、あんまり自信ないかも。

 と思っていたら閃いた!気になっていた一つにサンミュージックステージという製品があるのだが、サイズはオーダー可能で床材としても使用できるとの事。ならばオーディオを設置してある場所ごとボード?にのせれば万事解決! さっそくボード?図面を書いてFaxすると…

 サイズ的には作製可能だが床暖房の上だと反ってしまうとの事。う~ん残念なり。

続・ソリッドオーグライン「パイプシールド」

 低音がドン!と出るのは能力が高いと思うのだが、当方のシステムが負けてしまっては使いこなせない。ご厚意でオーグラインのケーブルは長々とお借り出来た(本当に感謝しております)ので、使いこなすべく工夫してみた結果がCDP下のインシュとSPの足下強化だ。本当は、島田さんからコンクリート板を推奨されているも、SPを持ち上げて載せる自信が無く保留となっている。さて肝心の音質は…

1)Golden Presence -> オーグライン
 聴いて感じるのは音が伸びやかで滑らかということ。低音は明らかに出てくるが対策後は締まっていて量感過多ではない。空間の見晴らしは向上するも、実体感は気持ちだけ後退する。また、今まで出ていなかった所まで出ているためか耳が痛い感じがあり。(これは鳴らしこみによりSP?のエージングで消失。)

2)オーグライン -> KS-1130
 空間の広がりは良い勝負?Golden Presenceに比べ両者広がるが、当方のシステム(セッティング・?)では評価難しい感じ。しかし低音の描写は明らかに弱くなる。若干音がザラザラする感じがあり。実体感はやや減少?

3)KS-1130 -> オーグライン
 やはり聴いていると少し耳が痛い感じがある(現在は消失)のだが、音は少しスッキリするも涼やかな響きがあって気持ちが良い。ボーカルはほぼ同じか少し後ろに下がるが、口元はハッキリしてきて実体感としてはUPする。なにより今まで感じなかった低音の存在感が出てくる。「低音がきちっと描写されるとボーカルの足元まで感じられるようになりますよ!」とは島田氏の言葉だが少し理解できた。
 

ソリッドオーグライン「パイプシールド」

Orgxlr  少し順序が逆になったが先々月~先月試聴させて頂いて購入したのでご報告を。写真は真夜中に撮ったので映りが悪い(実物はもっときれい)が、オーグラインのパイプラインシールド(XLR)なり。
 もともとオーグラインという合金は評判をネットで見ていて気になっていたが、幸いにも試聴する機会を得ることが出来た。実際に聴いて感じたのは、思ったより素直でバランスの良い音だと言うこと。聴くまでは、もっと響きがあって実体感が強いケーブルと思っていたので良い意味で驚いた。

 いきなりだが話はスピーカーをマットに載せていた頃まで戻る。当時は気付かなかったのだが、いま考えるとN802の箱は振動で鳴っていたように思う。響きは良かったのだが、解像度やfocusは今ひとつだった。低音はシステムとして出ていなかったので気付かなかったが、出ていたらボアボアだったはずだ。それに気付いたのは、島田さんとオーグラインのおかげ。順を追っていくと…

 まず、NBSのSTATMENT EXTREMEという電源ケーブル。そもそもコレを島田さんからお借りした頃(といっても数ヶ月前)は、NBSというメーカーさえよく知らなかった(^_^;) とりあえず聴いてびっくりしたのは、低音がドンと出たこと。まあ中高音の感じも好みでは無かったので、この時はこういうケーブルも有るんだなぁと思っただけだった。

 次に、NORDOSTのValhalla。空間を広げ響きが綺麗なインターコネクトとしてお借りしたのだが、驚いたのは低音がボアっと出たこと。CDPにDreamの効果も有ったのかもしれない。もちろん空間の描写は綺麗で響きも良いのだが実体感がかなり後退。プリにアレグロとか入っていれば良いのかも。この時にアレって思った。

 そしてオーグライン。中高音は伸びやかでバランスも良い感じなのに低音だけがドン!と出た。3回目にしてやっと学習。今までは低音が出て無かったので気付かなかったが、家のシステムは低音がユルユルだということ。CDPのDreamを外すと低音は出なくなるので、CDPにDreamが入って低音がきちんと出せるようになって、インコネが低音を伝えられるように成ったのだろう。島田さんが「低音までキチンと出せるのが良いケーブルなんですよ」と繰り返し教えて下さっていた事がやっと理解できた。

 もちろんインコネの能力も必要で、Valhallaとオーグラインは低音が出るもオーグラインの比較用にお借りしたKimber KS-1130やCardas Golden Presenceでは低音出せず。でも、以前ならValhallaとオーグラインは低音過多で好みで無いと判断してしまったかも。無知とは恐ろしい…。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

Rakuten 広告

ひとこと

  • 【本ブログの引用、リンクなどについて】
    リンクはアフェリエイトのみとか不適当と思われるサイトを除いて基本歓迎ですので、ご連絡下さいね。相互リンクして、音楽とオーディオを盛り上げましょう(^^)/ なお、ヤフオクの商品紹介などで無断に引用することはおやめ下さい。(相互リンクなど交流あれば、OKです)
  • 2016/05/23
    憧れだった専用分電盤も馴染んできたようです。PCオーディオと合わせて、Nautilus802再稼働中です(^^)/
  • 2015/05/28
    スマホで表示すると、変な広告が入って目障りだったので有料版に移行しました。少しスッキリ?複数のブログ持てるようになったので、オーディオ以外のブログも作ってみました。基本的には、自分が気になって(欲しくなって)調べたお買い得情報など<

    目玉親父の物欲ランドす。ぼちぼちと更新しますので良かったらのぞいてみて下さいね(^^)/

  • 2014/06/16
    お勧めのCDなどを紹介するストアページ作りました。徐々に充実させていきますので、よろしくです。
  • Coming soon!
    Nordost Odin 2、Crystal Cable Absolute Dream interconect、Chikuma Possible-4G、CENTAUR CENTAUR Mono

おすすめCD/SACD

高音質定番CD/SACD

  • : お勧めCDストアページも作っていますので、良かったチェックして下さいね(^^)/
  •  -

    : マスタリング・エンジニアが教える 音楽の聴き方と作り方 (CD-EXTRA付き)
    付録のCDと共に非常に実践的な聴き方&音のとらえ方がセッティングのやり方と共に解説がされています。おすすめです(^^)/

  • リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ -

    リンダ・ロンシュタット&ザ・ネルソン・リドル・オーケストラ: ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)
    ジャズのスタンダード・ナンバーをリンダが歌った名盤中の名盤。1曲目のWhat's Newが流れ始めた途端にノックアウトされますよ。低価格で購入出来るうちに是非!

  • 美空ひばり -

    美空ひばり: "オリジナルベスト50~悲しき口笛,川の流れのように"
    ひばりさんは、システムが良くなれば良くなる程に歌唱力に凄みが増しますね。このCDはマスターを忠実にCD化したようで、変な加工なく音圧は低め。そのためボリュームを上げたときのダイナミックレンジが優秀。バックも当たり前のようにオーケストラレベルで演奏されてます。「川の流れのように」や「愛燦燦」をステレオサウンドの高額なCD-Rと比べましたが遜色なし。私の必須チェックCDです。

  • Celine Dion -

    Celine Dion: New Day Has Come (Ms) (Sl)
    セリーヌ・ディオンの産休復帰第一弾アルバム。All The Way...A Decade Of Songと共にSACDの中でも高音質です。かなりプレミア付いていてお勧めしにくいですが、今から入手を考える場合はヤフオク!も含めて焦らず探してみてください。

  • Sarah Brightman -

    Sarah Brightman: The Very Best of 1990-2000
    初期の日本未発売のベスト盤。【Fly】【Time To Say Goodbye(Timeless)】【Eden】【La Luna】を一枚にした感じですね。非常にまとまりが良く、音質も良いのでお勧め。空間表現やサラの歌声のチェックに使っています。

  • 綾戸智絵 -

    綾戸智絵: LIVE!
    ジャズですが、お笑い満載で聴いていて楽しい1枚。ディナーショウ?の雰囲気(拍手や食器の音など)のチェックと共に、楽しくノリノリで聴けるかどうかの確認に使っています。

  • 川江美奈子 -

    川江美奈子: letters
    中島美嘉、今井美樹、平原綾香、一青 窈などへの提供曲のセルフカバー。ピアノの弾き語りですが、非常に音質の良いCDです。ボーカルの情感のチェックに使っています。letters2~愛に帰ろう~と共に女性ボーカル好きならおすすめですよ(^^)/

  • Holly Cole -

    Holly Cole: Don't Smoke in Bed
    ジャズファンで無くても聴きいる一枚。音質的にもリンク先のアメリカ版がお勧め。多くの方には何を今更って感じだと思うのですが、まだの方はぜひ聴かれて見てください(^^)/

  • 寺井尚子 -

    寺井尚子: ライムライト
    バイオリンメインのジャズカルテット。ムーディなPreludeからアグレッシブな演奏のChacomeなど、おなじみの曲が揃っています。。スピード感やキレ、バイオリンの響きなど、チェックに最適。お勧めの一枚です(^^)/

e-onkyo

Google 広告